中長期保有 低位株 高配当株

爆益期待!?有望株:日工は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:日工について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:日工について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:日工に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:日工に対する投資戦略/売買タイミング

日工が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、日工を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

40代男性で現在自営業です。株式投資歴15年でリーマンショックや震災も切り抜け現在に至ってます。アベノミクスの頃はかなりの運用額でしたが、現在はコロナ禍もあり運用額は減らしており運用資産500万円ほど。投資スタイルは中長期保有で配当利回り重視になります。

宜しくお願い致します。

日工に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、日工に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

少額でも単元株分購入できる銘柄を1つピックアップ。土木用プラントメーカーで国内シェアトップの会社です。あまり知られていない会社かもしれませんが、個人的にはかなりの優良企業と見ています。アスファルトプラントやコンクリートプラントなどは国策事業とも関連して繋がってくる可能性があるので、今後も安定した受注や売上が期待できます。問題はこれらを効率良く収益に結びつけられるかどうかですが、会社発表の基本計画や経営方針などからも、問題ないと考えます。他にも魅力的に思う点として、コロナの影響を受けにくい業界、業種である点が挙げられます。そして、高配当銘柄である点。配当性向60%とする株主還元の強化を会社側は打ち出しています。現状の年30円配当でも充分な株主還元ですが、今後の業績次第では増配も期待できるのでは、と考えております。配当利回りが4%を超えているので、定期預金のつもりで中長期的に持っていても面白いと思います。原資となる財務内容ですが、自己資本比率が物凄く高いのが印象的で、もっと攻めの経営に出ても、とも考えてしまいますが、安定財務の観点からすると、投資していて安心できる会社と思えます。初心者の方向けの銘柄です。

日工に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

現在、株価は700円近辺の推移です。普段、あまり注目される事がないので、日々の値動きはそれほど大きくありません。ですので、700円近辺であれば、今のうちに仕込んでおくのが面白いと思います。配当利回り4%を超える高配当銘柄なので、配当取りの権利が近づく3月と9月に株価が上昇してくる傾向があります。ですので、その前のタイミングで仕込んでおいて、期末配当取りが近づいて権利を取らずに利益を確定させる手もありかと思います。それでも、最低単元分は残しておいて配当金を頂くというスタンスがベターかと。あまり急激な値上がりや短期決戦には向かないと思うので、中長期的に応援する、というスタンスで投資して気長に待っていれば良い事があるかもしれません。

日工投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

ディフェンシブな銘柄と見ているので、日経平均が暴落する日でもある程度は堪えてくれると見ています。最低単元のみの投資なら本当に気長に応援スタイルで問題ないと思います。注意事項は、海外比率を高めるような方針を打ち出しているので、海外事業でのリスクが若干あるかと思います。それでも、国内事業が好調で伸びしろもありそうなので、海外で何かあったとしても充分カバーは可能かと思います。あくまで、気長に期末の配当を待ちましょうというスタンスで。

まとめ

個人投資家による有望期待株:日工について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

日工の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有, 低位株, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略