中長期保有 低位株

爆益期待!?有望株:石井食品は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:石井食品について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:石井食品について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:石井食品に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:石井食品に対する投資戦略/売買タイミング

石井食品が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、石井食品を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

株式投資歴は4年の職業は会社員で20代男性で運用資産は3000万円程度です。投資スタイルはデイトレ、スイング、中期投資、その時々に最適だと思われる投資方法をとります。

宜しくお願い致します。

石井食品に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、石井食品に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

株は横ばいの時があったとしても、上がるのか下がるのかしかありません。株投資の素人がファンだメンタルを重視した投資をする方法は会計知識というか簿記の知識をインストールして決算書を読み込む必要があり、明らかに上方修正があると分かり切った銘柄を事前に購入してもいざ好決算が発表された後は「材料出尽くし」で下落してしまうことがあり、素人の生兵法でファンダメンタル分析をもとに投資をしてもいい結果が出るとも限りません。しかし、仕手株の場合は需給を読むだけの待ち伏せ投資になるので、とにかく時間をかけての投資で一度株価が吹いたときに売り抜けることができるという人にはぴったりの投資方法だと私は考えます。つまり、決算書などを読むという学習をせずにとりあえずチャートで一年間のうちで何度か株価が以上に上がっている銘柄を調べ、その銘柄に投資し、後は株価が上がるまでじっと待ち、もし株価が下がて来た時には株式を追加で購入し、株価が上昇するまでいつまでも待つという、とにかく待ち続ける根性だけはだれにも負けないという人にとって仕手株を購入して上がるまで待つ方法がとても有効だと思っているので、私はこの銘柄が今度上がるのではないかと考えているのです。

石井食品に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

まずこの株式の売り時は、何か材料が出た時などではなく、とにかく株価が前日比で大きく上がった時です。それ以外ありません。しかも、この株の場合、株価が前日比で10%上がて、次の日3%下げて、その次の必また8%上がるようなことはなくとにかく一回吹いたら終わり。後は、また次の機会まで株価は上がらないという。とにかく、素人にもわかりやすい動きをすることが多いので、株価が上がった日に保有株をすべて売り切ることのできるだけしか株式を購入してはいけません。つまり、最終的に自分が保有していい株は株価が急騰したとき出来高から見てどのくらいまでが適切なのかを決めなければならないのです。そのような意味でこの株への投資はそれほど多くの資金は投資できません。

石井食品投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

この株式への投資はある意味根競べになるので、日経平均株価が高騰、ダウが史上最高値になったとか、そのような景気のいい話題があるときには株価が上がりにくく、どちらかといえば株価が膠着状態のときや下げトレンドに転換かと思わせる場面で株価が大きく上がることが多いい銘柄なのです。つまり、この企業の株価は他の株価と同じように動く株ではありませんから、「他の株が上がっているのに自分の株が上がらないのは悔しい」と思わないでただ上がるまで持ち続ける忍耐力が必要だと思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:石井食品について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

石井食品の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有, 低位株

© 2021 個人投資家の売買戦略