中長期保有 低位株

爆益期待!?有望株:グランディハウスは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:グランディハウスについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:グランディハウスについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:グランディハウスに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:グランディハウスに対する投資戦略/売買タイミング

グランディハウスが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、グランディハウスを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は40代の男性会社員です。株式投資歴はすでに20年であり、投資スタイルは中長期保有を貫いてきました。その結果、現在の運用資産は1500万円となっています。

宜しくお願い致します。

グランディハウスに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、グランディハウスに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この銘柄に投資できると考える根拠としては、ひとつはファンダメンタルズ分析の視点が挙げられます。この銘柄の主力ビジネスは、北関東3県を中心とした戸建て住宅の販売です。しかも、新型コロナウイルス感染拡大という異常事態が発生したにもかかわらず、増収基調を維持し続けています。増収基調を維持できている理由として、新型コロナ感染流行をきっかけに、地方への移住を決断した都会のサラリーマンが多数存在することが挙げられます。業績面では、2021年3月期決算では売上高が約470億円であり、経常利益が21億円となりました。1株あたり当期純利益は約60円です。ところが現時点での株価は440円前後となっており、PER10倍以下の水準に放置されています。来期の1株あたり配当金は20円と会社側から公表されており、予想配当利回りは4%を超えています。株価はあきらかに割安な水準に放置されているため、安心して買うことができます。一方、テクニカル分析の視点でも、この銘柄に投資できると判断できます。週足チャートでみると、2021年4月に株価は戻り高値をつけたあと、現在まで株価は下落基調にあります。ただし、長期移動平均線の形状が右肩上がりに転換して日が浅いことから、ローソク足が長期移動平均線にタッチしたところで、株価は反転し、業績回復を織り込みに動くと考えられます。長期移動平均線の形状を基準に判断すれば、投資可能と考えられます。

グランディハウスに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

投資スタンスとしては、保有想定期間を1年間と考えます。理由は、現在の日本銀行の金融緩和政策は、1年後に引き締めに転換される可能性が存在するためです。金融政策が引き締めに転換されれば住宅ローン金利も上昇します。その結果、住宅販売量は減少に転ずる可能性があるため1年間と考えます。そして、投資したうえでの想定利益率は最低でも50%と考えます。現在の株価が、PER10倍の水準まで上昇すると利益率が50%となります。この銘柄を購入すべきタイミングは、現在だと考えます。日足チャートでみると、1週間前に短期移動平均線が長期移動平均線をゴールデンクロスしています。そして中期移動平均線が長期移動平均線をゴールデンクロスする直前の形状を示しています。つまり、これから株価は上昇トレンドに移行すると考えます。利益確定すべきタイミングは、週足チャートでRSIが80ポイントをつけたときです。80ポイントは、株価が過熱した状態を示すため、いったん売るべきです。逆に損切りすべきタイミングは、週足チャートでローソク足が長期移動平均線の下側へ位置してしまったときです。この形状では、当面株価は低迷し続けます。

グランディハウス投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

リスク要因としては、ひとつは木材価格の高騰が挙げられます。昨年の冬以降、住宅の原材料である木材価格が大幅に上昇しています。今後、さらに木材価格が上昇する場合は、この銘柄にとっては、さらなる利益圧迫要因となります。もうひとつのリスク要因は、日本銀行が金融政策を引き締めに転換することです。引き締めに転換すれば住宅ローン金利も上昇するため、消費者の住宅購買意欲が低下する懸念があります。モニタリング項目としては、木材価格の推移が挙げられます。この銘柄の原材料価格の推移を注視することは重要です。もうひとつは、1年間に10回程度開催される日本銀行の金融政策決定会合です。ここで金融政策を見直すか否かが決定されるため、注視する必要があります。

まとめ

個人投資家による有望期待株:グランディハウスについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

グランディハウスの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有, 低位株

© 2022 個人投資家の売買戦略