バリュー株 短期トレード

爆益期待!?有望株:日本製鉄は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:日本製鉄について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:日本製鉄について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:日本製鉄に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:日本製鉄に対する投資戦略/売買タイミング

日本製鉄が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、日本製鉄を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

40代アルバイトの女性です。投資経験は約10年ほど、現在は650万ほど運用しています。メインは低位株の長期投資ですが、タイミングが良いときはやや短期トレードもしています。

宜しくお願い致します。

日本製鉄に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、日本製鉄に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

日本でトップの鉄鋼メーカーです。日本だけでなく海外でも高い技術力が認められているようで、世界でも第3位の規模の鉄鋼業の企業だそうです。4桁で表される証券コードも下2桁が01と各業種の中でも長い歴史を持つ代表的な企業なので、株価に動きがあればかなり多くの人がチェックしていると思います。新型コロナの影響で鉄鋼業会も落ち込みましたが、徐々に受注も増え回復してきているようです。財務状況では企業がどれだけお金を稼いでいるかを示す営業キャッシュフローも増えていますし、自己資本率も高くはありませんが30%は超えているので、財務的には合格ではないかと思います。会計上いくら儲けたかを示す営業利益がV字回復した事で増配決定したそうなので、買い意欲の追い風になるのではないかと思います。 次にテクニカル面でも分析していきます。月足を見てみると、2007年を天井にダラダラとあまり元気のない状態が続いていますが、週足チャートで分析してみると少し様子が変わります。今年に入ってから25日移動平均線と75日移動平均線がゴールデンクロスを形成して、上昇トレンドを形成しているのがお分かりになると思います。この綺麗な上昇トレンドの流れに乗って、買いでエントリーできるタイミングを狙っていこうと考えています。

日本製鉄に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

今年の初めから週足で作られている上昇トレンドの流れを利用し、エントリーには日足チャートを利用していきます。日足チャートを見ていただくと、今年に入って綺麗な上昇を続けていたが、5月頃に天井を打ち今は割と大きめの押し目に入っている状態です。ここから再度上昇して行く所を狙っていきます。タイミングとしては、日足チャートの25日移動平均線と75日移動平均線がゴールデンクロスを形成し、更に直近の高値である1980円を超えていったのを確認してから買いで入る予定でいます。利益確定の目標は、直近の目立つ高値の2353円の少し下のキリが良い所で2200円とします。損きりに関しましては、現在1750円を下値抵抗線のようにしてもみ合いが続いているので、1750円を日足ローソクで下回ったら手仕舞いする予定です。

日本製鉄投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

現在揉み合っている下値ラインの1750円辺りを下回ったら、上昇トレンドがこのまま崩れて下降トレンドを形成する可能性が高いので、粘らず損きりする事をお勧めします。日足でのスイングトレードの予定なので、決めた所でしっかり損切りが出来ないと、長期に渡って大きな含み損を抱えるという事を覚悟しないといけないです。日経平均の動きとかなりシンクロしているようなので、しっかり日経平均の動きもチェックしておくと良いと思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:日本製鉄について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

日本製鉄の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 短期トレード

© 2022 個人投資家の売買戦略