バリュー株 低位株 短期トレード

爆益期待!?有望株:住友化学は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:住友化学について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:住友化学について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:住友化学に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:住友化学に対する投資戦略/売買タイミング

住友化学が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、住友化学を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

投資スタイルはデイでもスイングでも長期投資でも儲かるものは何でもやるスタイルの運用資産は2000万円程度の投資歴は6年程度の20代の男性会社員です。

宜しくお願い致します。

住友化学に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、住友化学に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この銘柄は基本的に株価が上がり続けているうちはそれに素直に乗り続けるという順張り手法がうまくいきやすい銘柄です。しかし、多くの個人投資家はこのような上がっている銘柄というのは自分が購入したところが株価の最高値になるかも知れないからという理由からこのような上がっている株式というのを買いたがりません。そのため、多くの個人投資家は下がっている株を逆張りするという手法を取りがちです。しかし、順張り手法というのは株価が上がっているうちはそのまま株式をホールドすればよく、下がったときに損切りするというルールーに従ってやれば怖いものはありません。この銘柄の取引のやり方ですが25日移動平均線が右肩上がりの時に一時的に25日移動平均線から株価が下に乖離したときに株式を購入し、5日移動平均線から大きく上に株価が上に乖離したときに株式を売るというの効きやすい銘柄です。直近のこの株価ですと5月16日の572円より下値は買い場になったのではないでしょうか。それとは反対に5日平均移動線からの乖離率が大きくなった6月2日は利益を確定させる場面だったのではないでしょうか。つまり、この銘柄はチャートが上昇を描く右肩上がりのうちはそのままホールドすべき銘柄だと思います。

住友化学に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

この銘柄への投資は25日移動平均線と5日移動平均線を使ってそれの乖離率がどのくらいかによって投資する投資方法での投資なので基本的に業績は考慮しません。ですから、業績がらみで株価が動いた時には損切でも利益確定でも速やかに行ってください。それから、テクニカル的な損切ラインはずばり25日移動平均線が下向きになった時にはとりあえず株価がいくらであろうと一度撤退してください。この銘柄への投資は25日移動平均線が上向きな時に投資するという前提に立っているので、その前提条件がなくなった時には投資する理由もなくなるのでそこが撤退ラインです。もう一つ付け加えるのならば、25日平均移動線が横ばいの時は何もしなで株価の上昇を待ちましょう。

住友化学投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

この銘柄への投資は25日移動平均線と5日移動平均線を使ってそれの乖離率がどのくらいかによって投資する投資方法を使います。ですので、このような投資法というのは何かこの銘柄の個別材料が出た時にはそれが相場を動かす原動力になってしまうので、このような方法で売買するときには相場において個別材料がないときに売買を心がけてください。つまり、この銘柄を売買するときには決算発表をまたがない投資をしなければならないのです。

まとめ

個人投資家による有望期待株:住友化学について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

住友化学の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 低位株, 短期トレード

© 2022 個人投資家の売買戦略