バリュー株 中長期保有

爆益期待!?有望株:ハイデイ日高は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:ハイデイ日高について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:ハイデイ日高について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:ハイデイ日高に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:ハイデイ日高に対する投資戦略/売買タイミング

ハイデイ日高が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、ハイデイ日高を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は40代の男性会社員です。株式投資歴はすでに20年であり、投資スタイルは中長期保有を貫いてきました。その結果、現在の運用資産は1500万円となっています。

宜しくお願い致します。

ハイデイ日高に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、ハイデイ日高に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

ハイデイ日高に投資できると考える根拠としては、ひとつはファンダメンタルズ分析の視点が挙げられます。2020年初頭から新型コロナウイルスの感染流行が拡大し、飛沫感染が発生しやすいと政府機関から指摘を受けた飲食店は、直近の決算では大打撃を受けています。ハイデイ日高も、2021年2月期決算では約27億円の経常損失を計上しました。しかし、今年に入ってからは新型コロナウイルス対策のワクチン接種が全国各地で進んでおり、7月中に高齢者に対するワクチン接種は完了する見込みです。

さらに、一部自治体では6月から、65歳未満の世代に対するワクチン接種を開始することから、ハイデイ日高のビジネス環境は大幅に改善する見込みとなっています。実際、2021年4月の月次売上高と客数は前年同期比で約20%増を記録しています。ちなみに、2021年3月の月次売上高と客数は、前年同期比で約30%減少となっていました。業績の底打ちは明白です。一方、テクニカル分析の視点でも投資できると判断できます。週足チャートでみると、株価は2018年1月から下落トレンドが続いていましたが、2020年3月のコロナショックの時点で底打ちを示しています。そして中期移動平均線の形状が、右肩下がりから横ばいとなり、短期移動平均線が中期移動平均線をゴールデンクロスしています。MACDも数週間以内にゴールデンクロスする可能性が高いことから、まさに投資できるタイミングが迫っていると判断できます。

ハイデイ日高に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

投資スタンスとしては、保有想定期間を2年から3年と考えるべきです。そして、期待できる利益率を50%から70%と考えるべきです。これらの考え方の根拠は、新型コロナウイルスの感染流行が年内に収束し、ハイデイ日高が運営する飲食店が通常営業を再開できる態勢になれば、2年程度の時間をかけて、業績が2018年2月期決算と同じ水準まで回復できると考えられるためです。

この水準まで業績が戻れば、2年程度の時間軸で株価は50%上昇すると考えられます。そして、ハイデイ日高の株式を購入すべきタイミングは、週足チャートのMACDがゴールデンクロスし、ローソク足が移動平均線の上に位置するようになった時期だと思います。一方、利益確定すべきタイミングとしては、週足チャートのRSIが80ポイントをつけるだと考えます。80ポイントは株価の天井圏を意味します。逆に損切りすべきタイミングは、政府が「現在のワクチンでは新型コロナウイルスの感染流行を抑制できない」と公表するときだと考えます。そのときは、飲食店は飛沫感染対策を強化しなければならないからです。

ハイデイ日高投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

考慮すべきリスクは、現在高齢者や医療関係者に摂取しているワクチンでは、新型コロナウイルスの感染流行を抑制できないことが判明することです。この状況が発生すると、ハイデイ日高の資金繰りは苦しくなると予想できます。

また、モニタリングすべき項目は、ハイデイ日高が毎月公表している月次の売上高と客数です。前年同期比の数値が公表されているため、ハイデイ日高の四半期ごとの決算を先読みすることが可能です。なお、ハイデイ日高の株価は、この月次資料をもとに動いています。

まとめ

個人投資家による有望期待株:ハイデイ日高について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

ハイデイ日高の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有

© 2021 個人投資家の売買戦略