グロース株 中長期保有 低位株

爆益期待!?有望株:マクロミルは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:マクロミルについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:マクロミルについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:マクロミルに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:マクロミルに対する投資戦略/売買タイミング

マクロミルが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、マクロミルを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は40代の男性会社員です。株式投資歴はすでに20年であり、投資スタイルは中長期保有を貫いてきました。その結果、現在の運用資産は1500万円となっています。

宜しくお願い致します。

マクロミルに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、マクロミルに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

マクロミルに投資できると考える根拠としては、ひとつはファンダメンタルズ分析の視点が挙げられます。具体的には、2021年に入り、業績の回復が始まったことが挙げられます。2020年初頭から新型コロナウイルスの感染流行が拡大したことにより、マクロミルの多数の顧客企業が、新サービス開発や新製品開発をストップさせざるをえなくなりました。多くの社員を在宅勤務させなければならなくなったため、市場へ新サービスや新製品を投入する余裕がなくなったのです。この結果、顧客企業はマクロミルへのリサーチ業務の発注を削減したことから、2020年6月期決算では前期比で売上高を約10%減らし、経常利益を喪失することになりました。しかし、2021年に入って世界中でワクチン接種が進むと同時に、インターネット上でのリサーチ業務がマクロミルに戻りつつあります。マクロミルは2021年5月に決算説明会を開催しましたが、会社側は業績回復トレンドに入ったと明言しました。このため経常利益もコロナ前に戻り、さらに業績を拡大させていくと予想できます。一方、テクニカル分析の視点でも投資すべきと判断できます。週足チャートでみると、2018年8月から下落トレンドが始まり、移動平均線は右肩下がりの形状を示していました。しかし、2021年4月に入り中期移動平均線と長期移動平均線がゴールデンクロスを示し、ローソク足は移動平均線の上に位置しています。これから業績が回復していくのだということを、チャートが示しているのです。

マクロミルに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

投資スタンスとしては、保有想定期間を2年から3年としたいと考えます。理由は、マクロミルが得意とするインターネット上のリサーチ業務に対する需要はコロナ前の水準に回復するだけでなく、ますます増えていくと予想できるからです。そのため中長期的に保有想定期間を考えたいです。そして、期待利益率を200%から300%と考えたいです。2018年6月期の1株あたり当期純利益が約120円であり、これに比例して、2018年初頭に株価が3000円をつけました。現在の株価が約900円ですので十分狙える利益率です。なお購入すべきタイミングは、現在と判断できます。週足チャートの移動平均線はゴールデンクロスしたばかりですので、これから株価は上昇していきます。そして利益確定すべきタイミングは、週足チャートで株価が上昇トレンドを描く過程で、高値圏でローソク足が長い上髭を示した時期となります。売り注文が買い注文を大幅に上回るから、ローソク足に長い上髭がつくのです。逆に損切りすべきタイミングは、現在接種が進んでいるワクチンが、新型コロナウイルスに対して効能を示していないと政府が公表したときです。このときは、各企業のビジネス活動が収縮することが確実ですので、いったん損切りすべきです。

マクロミル投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

考慮すべきリスクは、新型コロナウイルスの感染流行が収束しないことです。次々と新たな変異株が発生し、現在接種が進んでいるワクチンでは、すべての変異株に対して効能を示すことができないことが判明することがリスクです。このため、毎日世界中のニュース報道をモニタリングすることが重要です。新型コロナウイルスやワクチン接種に関する報道については、日本の報道機関よりもヨーロッパの報道機関が正確に報道しているため、インターネットでヨーロッパの報道によるニュース報道をチェックすることが重要です。5」

まとめ

個人投資家による有望期待株:マクロミルについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

マクロミルの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-グロース株, 中長期保有, 低位株

© 2021 個人投資家の売買戦略