バリュー株 中長期保有 低位株 高配当株

爆益期待!?有望株:関電工は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:関電工について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:関電工について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:関電工に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:関電工に対する投資戦略/売買タイミング

関電工が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、関電工を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は外資系企業で秘書として働く30代の女性で、株式投資歴は10年です。運用資産は600万円であり、技術があって経営基盤がしっかりとしている企業の株を厳選して長期保有しています。

宜しくお願い致します。

関電工に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、関電工に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この銘柄をお勧めする理由としては、各種電気工事に関する高度な技術を持っており、主要取引先に電力会社があることがあげられます。事業内容のメインは電気設備工事ですが、空調や給排水関連の工事でも数多くの実績があります。そのためにビルや工場などの多様な工事に対応することが可能であり、付加価値の高い施工内容で高収益も実現しています。またクリーンルームの工事にも強みがあり、特に短い工期で完成させることができるので、ユーザーからも高く評価されています。また電力設備工事の領域では、様々な工法を組み合わせてコストの削減も実現しています。特に「ゼロスペース工法」はこの会社独自のものであり、掘削幅を縮小しながら低コストで工事が行える点が魅力です。更にコジェネレーションシステムに加えて、風力発電や太陽光発電など、エネルギーの分野にも事業を広げています。特に風力発電は気象条件が厳しい場所でも設置可能であり、導入後のメンテナンスなどのサポートも充実しています。またPBRは1倍を割っており、PERも現状では10倍程度です。そしてエネルギー関連の事業は人々の生活に密着しているので、この会社の経営状態は極めて安定性が高いです。

関電工に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

この銘柄のように経営基盤が安定している大手の企業の株に投資をする場合には、長期保有を前提に作戦を考えることが重要です。配当利回りも3パーセント程度で将来的な増配も期待できるので、購入した場合には10年以上持ち続けるのがポイントです。配当狙いであっても一気に買うと高値掴みになるので、株価が下がった時に小刻みに押し目買いを入れるべきです。現在は930円程度ですが、5年以上の保有を前提にする場合には1200円を目標にするべきです。また2年間のチャートを見ると、数か月程度のトレード向きの価格変動も確認できます。株価が900円割れになった時が、数か月単位で売買を繰り返す場合の投資の良いチャンスです。しかし高値で買うと下落時の戻り待ちが難しくなるので、850円割れで売って、新たな投資のタイミングを模索するべきです。

関電工投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

経営状況はとても良いですが、原子力関連の工事に関わっていることが、将来的に投資のリスクになることが考えられます。また国内の事業がメインであるために、成長性を重視する投資家からは好まれず、そのことが株価の低迷につながることも想定可能です。しかし経営理念が明確で研究開発にも意欲的であり、長期投資に適した銘柄だと言えます。今後この銘柄への投資を考えるときには、環境関連の技術開発の進展状況に注目することが重要です。

まとめ

個人投資家による有望期待株:関電工について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

関電工の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有, 低位株, 高配当株

© 2021 個人投資家の売買戦略