最近Twitterで話題になっている水に浸すとページが溶け、文字だけが水面に漂うという、珍しい本『水温集』

こちらは水に浮かべて溶ける様子を動画で映したインスタです。

徐々にページが溶けて文字がバラバラになっていく様子はずっと見ていられますね。

この本を販売しているお店が古本屋『弐拾bB』、読み方は『ニジュウデシベル』
面白い店名です!

この『水温集』は通販でも購入できるようなので、購入方法や値段を調べてみました!
また、古本屋『弐拾bB』についてお店や店主について気になったので調査しました!



水温集の通販での購入方法と値段は?

水温集は古本屋『弐拾bB』ではもちろん、通販でも購入出来ます。
遠方の方にとってはとてもありがたいですね!

『弐拾bB』さんのTwitterでは購入方法が書かれています。

通販購入方法は『弐拾bB』の店主藤井さんに直接メール(as.you.as@i.softbank.jp)、もしくは『弐拾bB』のFACEBOOKTwitterで直接メッセージを送り予約注文をします。

FACEBOOKからの注文はこちら→『弐拾bB』公式FACEBOOK
Twitterからの注文はこちら→古本屋 弐拾bB(藤井)公式Twitter

『水温集』のお値段は定価1,800円

注文の際、
・注文個数
・送り先の住所
・名前
・電話番号

を記入。

料金は前払いで指定された口座への振り込みのみです。
送料及び振込み手数料注文者負担とのこと。

『水温集』のお値段は定価1,800円

また、振り込み後本がお手元に届いたらメッセージを送って下さいとのことです!

この本は出版社が『古本屋 弐拾bB』さんで店主の藤井さんが作品を描き下ろし、『紙作室 そえがき』さんが、1冊1冊手製本しています。

装丁(そうてい)【書物を綴(と)じ、表紙をつけ、外形を整えること】を担当している『紙作室 そえがき』のrinmiさんが、『水温集』が造本装幀コンクールで審査員奨励賞を受賞したとTwitterで報告しています。

賞も獲ったことにより、ますます注文が増えているようですが、1冊1冊rinmiさんお一人で製本するため発送まで時間がかかってしまうそうです。

現状、大体300件くらいの注文が来ています。在庫では足りないのでさらに増刷を決めました。ただ『水温集』は印刷所から紙片の状態で送られてくるので、1人で製本しなければなりません。注文受付から発送まで家内制手工業なんです。注文は歓迎していますが、お届けには時間がかかってしまいそうです…何せ1冊作るのに20分ほどかかるので(笑)」
〈引用:exciteニュース

どんどん人気が出て、なかなか手に入らなくなってしまうかもしれませんね。


古本屋『弐拾bB』の場所はどこ?

古本屋 弐拾bB(ニジュウデシベル)
住所:広島県尾道市久保2丁目3-3

お店を訪れたお客さんのツイートには『弐拾dB』の外観や店内の写真も載せてありました。

『弐拾dB』は元々医院だった空き家を改装して2016年にオープンしました。


古本屋『弐拾bB』の営業時間は?

古本屋『弐拾bB』の営業時間は、平日23時~3時、土日は11時〜19時です。
定休日は木曜日だそうです。

深夜に開いてる古本屋さんなんて、とても珍しいですね!

というのも、店主の藤井さんは平日の昼間別のお仕事をしているため、深夜のみの営業なんです。


『弐拾bB』の店主はどんな人?

『弐拾bB』の店主は藤井基二さんという方です。
弐拾dB店主藤井さん

名前:藤井基二
出身地:広島県福山市
生年月日:1993年?月?日
年齢:27歳(2020年時)
最終学歴:龍谷大学
好きな詩人:中原中也

 

・近畿大学付属広島高等学校・中学校福山校出身
中学で本の面白さに目覚め、好きな詩人である中原中也を研究しようと、中也が住んだ京都の龍谷大学文学部に進学を決めました。

中原中也さんは、『弐拾bB』の公式Twitterのアイコンにも使われています。
中原中也

・龍谷大学に入学
文学の研究に励みながら、部活は茶道部に入部しました。

・大学卒業後、就職せず実家がある福山市に戻る

・尾道のゲストハウス『あなごのねどこ』でチェックインスタッフとして働き始める
実家で過ごしながら将来のことを考えるようになり、ふと以前から耳に入っていた『尾道空き家再生プロジェクト』を思い出しました。
ネットで検索しているうちゲストハウス『あなごのねどこ』でスタッフを募集していたので応募しました。
あなごのねどこ

・2016年4月 元医院だった空き家を改装して『古本屋 弐拾dB』をオープン
よく行っていたカフェで、お店や常連客から「なんか(お店)せんのん?」という話題になり、思いつきで「古本屋かな」と答えたところ、現在の店舗となる物件を発見しました。
管理はNPOが受け持っていたため、代表に掛け合い、安く借りることができたそうです。

現在は平日の日中は『あなごのねどこ』で働き、深夜と週末は古本屋の店主として働いています。

〈参考:近畿大学付属広島高等学校・中学校福山校公式ホームページ


水温集を購入した方の感想

水温集を購入した方の感想を集めました。

とてつもなく素敵。

もったいなくてまだ水に浮かべられないので箱を眺めています。

浮かべる綺麗な器を用意するまで飾って楽しみます!

ページが水に溶けるということもあり、すぐには水に浮かべず少し飾って良いタイミングで浮かべたいという方が多いようですね!


水温集の通販での購入方法や値段は?まとめ

水温集についてのまとめです。

・水温集の通販での購入方法は3つ
①『弐拾bB』の店主藤井さんに直接メールas.you.as@i.softbank.jp
②『弐拾bB』のFACEBOOKに直接メッセージ→『弐拾bB』公式FACEBOOK
③『弐拾bB』のTwitterに直接メッセージ→古本屋 弐拾bB(藤井)公式Twitter

必要事項は

・注文個数
・送り先の住所
・名前
・電話番号

・『水温集』の値段は定価1,800円

・支払い方法は指定された口座へ振り込みのみ

・振り込み後と本がお手元に届いたらメッセージを送ること

・販売店は広島県尾道市久保2丁目3-3にある『弐拾bB(ニジュウデシベル)』

・『弐拾bB』の営業時間は平日23時~3時、土日は11時〜19時

・『弐拾bB』の店主は27歳(2020年時)、平日の日中はゲストハウス『あなごのねどこ』でチェックインスタッフとして働き、深夜は古本屋の店主として働いている

『水温集』は1冊1冊手で製本されているため、通販でのお届けに時間がかかっているようです。
また、店舗ではすでに売り切れていて増版中とのこと。

写真で見る限りカバーも綺麗で買っても当分は飾って置きたいですね!