首里城の火事の原因はイベントの準備?出火元と他原因を探ってみた!

31日未明に沖縄の『首里城』から火災発生。炎が大きく燃え広がり、午後1時半にようやく消し止められました。


『世界遺産』首里城跡に『復元プロジェクト』と題して、30年もの年月を費やし首里城を復元していました。そして今年1月に終わったばかりで、多くの人が復元された首里城を観に行くのを楽しみにしてたと思います。

火事の原因は一体何でしょうか?10月27日~11月3日『首里城祭』イベントの最中ということもあり、そのイベントの準備に原因があったのではないかとの声もあります。
未だ出火原因が特定されていないので考えられる原因を報道やネットからの情報を元に探ってみました。



首里城の火事の原因はイベントの準備?

復元工事が終了した首里城は10月27日~11月3日の1週間、『首里城祭』というイベントの最中でした。そして、11月2日・11月3日『万国津梁の灯火』というイベントがあり、首里城公園内及び周辺園路に沢山のキャンドルが並べられます。

イベントの実行委員によりますと、30日午後9時ごろまで奉神門でリハーサルをしていたそうです。
〈参考:毎日新聞
また機材設営が、31日午前1時半頃まで行われていて、その後、警備員が正殿に鍵をかけたという情報もあります。
〈参考:ライブドアニュース

出火元3階建ての正殿内部とみられ、消防隊到着時は北殿に近い部分が激しく燃えていました。『正殿』などの周囲には放水機器などが備えられていましたが、室内にスプリンクラーは設置されておらず、消防法上の設置義務も無かったため、火はあっという間に広がったようです。首里城は外からの火災には対応出来る設備はありましたが、中からの火災に対応する設備がなかったようです。
〈参考:NHKニュース
首里城

琉球新聞によると、深夜まで機材設営していた関係者は正殿内部には一切立ち入っていないとのことでしたので、火事の原因はイベントの準備によるものではないかもしれません。

首里城の火事の他考えられる原因は?

イベント準備が原因でないとすると、他考えられる原因はなんでしょうか?

火事の原因は放火?

深夜の火災ともあり、放火が疑われますが、火災発生時間近くまでイベントの準備をしていたり、不審者の情報もないこと。また出火元が正殿の中からということで、県警那覇署は放火などの事件性は低いとみています。

そんな中、『首里城を燃やしたのは私です。』とYouTubeに、あるYouTuberが燃やしてしまった経緯をアップし、非難を浴びています。

彼いわく、自分か吸ったタバコの不始末が原因で燃え広がったそうで、消火活動も手伝ってきたと言っていたようです。

「さきほどニュース入ったと思うんですけど、沖縄の首里城が火災になったということで、それを実際にやってしまったのが僕ですね。本当に申し訳ないです。僕の不注意で。タバコを吸ったんですけど、それが近くの森に移って、それがさらに首里城に移ってみたいな感じで。大事な建造物、首里城を燃やしてしまった。本当に申し訳ないなと思います。」

YouTubeやTwitterのアップした動画は消されていますが、このYouTuberはつい最近あった『富士山から動画生配信していて滑落した方』が自分だと言っている動画も配信した過去があるようです。

この不謹慎な動画に、「売名行為」や「冗談であっても許せるものではない」と、非難を浴びています。

火事の原因は電気系統?

朝のフジテレビの情報番組『とくだね』では日本防火技術者協会理事・鈴木弘昭の電話によるコメントでは、出火原因は正殿の天井裏の電気の可能性が高い。とのことでした。
老朽化した建物では電気系統が古くなり漏電などありそうですが、1992年に復元されたばかりの正殿で電気系統に不具合は出るのでしょうか?


首里城の火事の原因はイベントの準備?まとめ

首里城火災の火元正殿内部ということが分かりました。原因についてはまだ分かっていませんが、火災発生少し前までイベントの準備をしていた方たちは、正殿内部には一切立ち入っていません

また、放火の可能性は、不審者情報がないことや、火元が施錠されていた内部ということから、可能性は低いとのことでした。

専門家が可能性が高い原因としておっしゃていたのは、正殿の屋根の電気系統とのことでした。
原因はどうあれ、歴史的建造物が一晩にして燃えてしまうなんてとても悲しすぎます。