祝賀御列の儀(パレード)で天皇皇后両陛下の乗せたオープンカーのセンチュリーは、皇居から赤坂御所まで4.6キロを走行しました。

皇后様綺麗でしたね!

そして、カメラのアングルによっては運転手が手を振ってるように見えたりして、運転手と助手席の人も話題になりました!

ということで、運転手と助手席の人がどんな人なのか気になったので、調べてみました!



祝賀御列の儀の(パレード)運転手は誰?

運転手は、宮内庁車馬課の職員の中村誠さんです。

中村さんは『御料自動車操縦員』という肩書を持ち、両陛下や上皇ご夫妻の車の運転を5年以上にわたって担当しているベテランの運転手だということです。
現在52歳です。〈参考:NHKnewsweb〉

赤坂御所に到着した際、陛下が中村さんにお声を掛けている様子が映され、見た方は陛下の優しさを垣間見えたと言っています。
右下のオープンカーを写した場面。後ろから陛下が運転手に話しかけているようにみえます。

常に陛下を乗せているとはいえ、今日は特別な日でしたから、運転手の中村さんもさぞ緊張されたことと思います!

何気ないところで陛下の優しさが見えました!




助手席の人は誰?

助手席に乗っていた人は誰でどんな役割をしていたのでしょうか?

助手席の人は皇宮警察護衛第一課長だということです!
ちなみに、天皇皇后両陛下を乗せたオープンカーの前を走るサイドカーも皇宮警察です!

オープンカーの回りを固めるサイドカーの写真。

不測の事態に対応すべく、車から周囲の状況を見ているんですね。
さて。皇宮警察とはどこの管轄でどんな事をするのでしょうか?簡単にまとめてみました!

皇居警察本部

警察庁に置かれている附属機関のひとつ
所在地:東京都千代田区千代田1-3
定員:936人(うち896人は皇宮護衛官)
設置日:1949年(昭和24年)1月

業務内容
・天皇及び皇后、皇太子その他の皇族の護衛
・皇居及び御所の警衛
・その他皇宮警察に関する事務

皇宮護衛官は公安職国家公務員の官職の一つ。警察庁の附属機関である皇宮警察本部に所属する。特別司法警察職員としての権限を与えられているが、警察官とは異なる。

皇宮警察の警備車両(トヨタ・アリオン)
皇宮警察の警備車両

皇居正門・二重橋で儀式に当たる皇宮護衛官の様子。
皇宮護衛官
皇居警察の中の護衛官は顔を動かしてはならないという決まりがあります。
また、車列を見送る時は不審者への警戒のため、5分程度であればまばたきを全くしないでいられる訓練を受けているとそうです。
〈参考:yahooニュース


祝賀御列の儀の運転手と助手席の人は誰?まとめ

祝賀御列の儀で天皇皇后両陛下を乗せたオープンカーのセンチュリーを運転しているのは、5年以上両陛下や上皇ご夫妻の車の運転をしているベテラン運転手の宮内庁車馬課の職員の中村誠さんです。

助手席に乗っているのは、皇宮警察護衛第一課長です。