『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』として、2019年11月24日20時よりフジテレビ系で放送が決定しました!
キャストも発表され「おもしろそう!」「楽しみ!」との声も出ています。

ということで『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』のキャストとあらすじについて調べてみました。
そして過去の実写版『サザエさん』とも比較してました!
この記事では

  • 実写版『サザエさん』のキャスト
  • 実写版『サザエさん』のあらすじ
  • 歴代実写版『サザエさん』と比較

を紹介します!



実写版『サザエさん』のキャストを紹介!

『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』キャストを紹介します!

磯野サザエ-天海祐希
磯野波平-伊武雅刀
磯野フネ-市毛良枝
磯野マスオ-西島秀俊
磯野カツオ-濱田岳
磯野ワカメ-松岡茉優
磯野タラオ-成田凌
実写版『サザエさん』キャスト

20年後ですからアニメのイメージと違いますが、特にマスオさんとタラちゃんにおいてはイケメンすぎ!と言われているみたいです。

実写版『サザエさん』のあらすじ

テレビアニメ版の20年後のサザエさん一家とのことで中間管理職のマスオさん、経営難に直面しているカツオ君、仕事が思うようにいかないワカメちゃん、そして就活に苦戦するタラちゃんと現代人の悩みをサザエさん一家も抱えているというストーリーです。

 

中間管理職になって部下との板挟みに苦戦する48歳のマスオ(西島)。野球選手、漫画家などを夢見ては挫折して商店街の洋食店でシェフをしている31歳のカツオ(濱田)は経営難に直面し、アパレル関係のデザイナーになった29歳のワカメ(松岡)もデザインが採用されず悩んでいる。就活する23歳のタラオ(成田)はやりたいことが見つからず面接で玉砕の日々。一家のモヤモヤを吹き飛ばそうと、44歳のサザエ(天海)は盆踊り大会に一家集合を呼びかけるが、嵐が接近して…。
〈出展:SANSPO.com〉

歴代実写版『サザエさん』と比べてみた!

実写版ドラマ『サザエさん』は1955年から現在まで5人の女優さんがサザエさんを演じてきました。
その中で平成に入ってからの2作品を振り返って見たいと思います。

浅野温子版『サザエさん』

1992年~1996年にフジテレビ系列で放映された実写版ドラマ『サザエさん』は6作の単発ドラマでした。
サザエさんを演じたのは浅野温子さん。
浅野温子『サザエさん』
他のキャストは
磯野波平−いかりや長介
いかりや長介

磯野フネ−吉行和子
吉行和子

磯野マスオ−宅麻伸
宅麻伸

磯野カツオ−上村裕樹→田宮賢太朗
磯野ワカメ−遠山真澄→森安加代子
磯野タラオ−小林俊平

ノリスケ−布施博
布施博

タイコ−国生さゆり
国生さゆり

 

浅野温子さんがサザエさんにはまり役と評判でした!

観月ありさ版『サザエさん』

2009年11月15日に放送された実写版ドラマ『サザエさん』は1970年代前半の時代設定で、2010年にパート2、2011年にパート3そして2013年にパート4と4回放送されました。

サザエさんを演じたのは観月ありささん。他のキャストも振り返ってみます!

磯野波平−片岡鶴太郎
磯野フネ−竹下景子
磯野マスオ−筒井道隆
磯野カツオ−荒井健太郎(パート1-3)、清水錬(パート4)
磯野ワカメ−鈴木凪々美(パート1-3)、錦辺莉沙(パート4)
磯野タラオ−庄司龍成(パート1-3)、中野遥斗(パート4)
ノリスケ−田中裕二(爆笑問題)
タイコ−白石美帆
イクラ−加藤小桜(パート2・3)
観月ありさ『サザエさん』

視聴率20.9%と高視聴率でした。
観月ありささんのサザエさんも好評だったようです!

実写版『サザエさん』のキャストやあらすじは?

20年後のサザエさんのキャストが美男美女ばかりでストーリーも今の時代あるあるなのでどんな実写版ができあがるのか楽しみですね!
そして、歴代の実写版のサザエさん役の女優さんはスタイルもよく美人ばかりですよね~!