夏の風物詩、ペルセウス座流星群
毎年夏休み中ともあり、多くの人が楽しみにしています。
2018年は新月という好条件で綺麗なペルセウス座流星群を見る事ができました!

今年はどうなのでしょうか?
2019年のペルセウス座流星群の見える方角と時間帯、そして山形では見ることが出来るのか調べてみました!

この記事では

  • 山形でペルセウス座流星群の見える方角と時間帯
  • おすすめ穴場スポット

を紹介します!



山形でペルセウス座流星群の見える方角と時間帯

ペルセウス座流星群が観察できる地域です。山形県はチャンスありです!

ペルセウス座流星群マップ

活動のピークは13日(火)の16時頃と予想されているため、観測には12日(月)~13日(火)13日(火)~14日(水)深夜から夜明け前の時間帯がオススメです。

西日本や日本海側のエリアを中心に、流星がよく見られそうです。


ただこの期間ほぼ満月ということもあり、空が明るすぎて見えない可能性も。

ですので13日は月が沈む午前2時19分頃から1時間が見頃です!

流星の出現位置は空全体なので方向にはあまりこだわらなくても良いそうです。ただ明るい月が直接視野に入らない方向だと見える確率が高いとのこと。

一晩を通してあれば北側,夜前半は西側,夜後半は東側をご覧になると,月を直接視界に入れる機会は少なくなりそうです.

ペルセウス座流星群観察穴場スポット!

日本海側のエリアの方が見え易いということで、山形でも日本海側の星空観測におすすめのスポットを紹介します!
①月山高原牧場ふれあいハウス
②道の駅あつみ

月山高原牧場「月山ハーモニーパーク」内にあります。晴れた日には、日本海や飛島、粟島を一望でき、360度の大パノラマを堪能。夜は広大な高原の中で、夜空に輝く星々を鑑賞することができます。月山高原牧場ふれあいハウス
道の駅あつみ

ゆっくり観察するためにもシートや虫よけスプレーを忘れずに!

ペルセウス座流星群の特徴

ペルセウス座流星群の特徴を紹介します。

  1. 遅い時間ほど期待できる流星数は増える
    ペルセウス座流星群の放射点(流れ星が飛び出してくるように見える天球上の点)は、時間の経過と共に高く昇るため、少しでも多く流れ星を見たい方は、未明頃に観測するのが良さそうです。
  2. ピークの前後数日は多くの流星が期待できる
    ペルセウス座流星群は、ピークの前後数日は多くの流れ星を観測することができます。天気の関係等でピーク時に観測出来ない時は、その前後の日に観測すると良いです。
  3. 明るい流れ星が多く、痕を残すものも
    ペルセウス座流星群は明るい流れ星が多く、火球と呼ばれるひときわ明るい流れ星や、流星痕と呼ばれる痕を残す流れ星が出現することがあります。

山形でペルセウス座流星群見える方角と時間帯は? まとめ

台風が近づいていて天気も心配ですが、ぜひとも夏の風物詩この目で見たいですね!