片山さつきの秘書・中嶋規恵の年収はどれくらい?一般的な議員秘書の月収も調べてた!

今年2月に脱税容疑で逮捕された青汁王子こと三崎優太さんと交際が噂されている片山さつき議員の秘書中嶋規恵さん。
10月下旬FRIDAYに手繋ぎデートの写真を撮られた際も、人気焼き鳥店をはしごしていると報道されていました。


かつて何億も稼いでいた三崎優太さんでしたが脱税の罰金を払ったりで、お金がないと言われています。

今回FRIDAYに撮られたデート場所は庶民的な焼き鳥屋ということで、もしかしたら、彼女である中嶋規恵さんがお支払いしているのかもしれません。

ふと、議員の秘書って年収どれくらいなんだろうと気になったので調べてみました!

また一般的に議員秘書は月収どれくらないなのか、合わせて紹介したいと思います!



片山さつき議員の秘書・中嶋規恵さんの年収は?

中嶋規恵さんが公務員である、『公設第二秘書』であること2018年10月に片山さつき議員の秘書に就いたので今年で1年目であることから、年収は約400万前後と予想されます。

ご本人が年収を公表したわけではないので、あくまで議員秘書について調べて予想される金額です。

実は議員の秘書には二種類あり、公設秘書である中嶋規恵さんは給与が国から支払われるので、『国会議員の秘書の給与等に関する法律』によって規定されています

公設秘書と私設秘書の違いをまとめました。

公設秘書

・1人の国会議員に3人までつけることができる。
国家公務員
給料は国から支払われる
・政策担当秘書、第一公設秘書、第二公設秘書の3種類に分類
・政策担当秘書は、『国会議員政策担当秘書』の資格試験に合格又は、10年以上公設秘書を勤めた上で専用の研修を受けなければなれない
・第一公設秘書、第二公設秘書は特に資格は必要なし
・国会議員が選挙で落選すると、一緒に失職

私設秘書

・議員が個人的に雇う
・人数制限なし
公務員ではない
給料は議員本人か、もしくはその後援会が支払う
・特別な資格は必要ない
・議員が落選しても失職はしないが、引退となれば失職する

第二公設秘書の場合は、年齢や勤続年数で等級が定められていて1級から3級まであります。
給与額の等級は年度ごとに改訂され、議員秘書自身の経験年数が長くなるにしたがって、等級が上がっていきます。〈参考:JOBZUKAN

■第二公設秘書の給料月額

等級 月額給料
一級一号 268,000
一級二号 272,500
二級一号 306,700
二級二号 314,000
二級三号 321,400
二級四号 328,700
二級五号 336,100
三級一号 363,600
三級二号 371,700
三級三号 379,900
三級四号 388,000
三級五号 393,400

〈引用:キャリアガーデン

もちろん公務員ですので、基本給と住居手当や通勤手当などの月ごとの給与の他に勤勉手当や期末手当いわゆるボーナスも支給されます。

ボーナスは採用月に1日でも在職したら支給対象に、退職手当は勤続期間が6ヶ月以上あれば支給対象になるとのこと。
〈参考:松本力事務所


私設秘書と公設秘書の月収を比較

私設秘書は各議員の事務所から支払われるため目安は15万~30万程度

公設秘書でも難関試験または研修が必要な『政策担当秘書』初任給42万円、月収45万~60万ほど。
公設第一秘書36万~55万
公設第二秘書27万~40万
〈引用:キャリアガーデン

国から給料が支払われているので、やはり私設秘書よりも公設秘書の方が月収は良いんですね!

議員秘書になるには?

公設秘書の求人募集が公に出ることはほとんどないそうです。
親類縁者を公設秘書として置いている議員も多く、まずコネがなければ採用は難しいといいます。

インターンやボランティアとして議員事務所に出入りしてコネを作るか、政治塾やセミナーに参加し政党との人脈を作るなどして認められるしかないようです。

私設秘書の募集は、一般的な求人サイトに出ていることもあります。議員が個人ホームページで募集していることもあります。

私設秘書から、実力を認められて公設秘書へとキャリアアップする人もいます。

片山さつきの秘書・中嶋規恵の年収はどれくらい?まとめ

第二公設秘書国家公務員なので給料は国から支払われ、『国会議員の秘書の給与等に関する法律』に基づき規定されています。給与の査定は毎年行われ、等級が上がるごとにアップしていきます。中嶋規恵さんの場合は議員秘書になってまだ1年目なので等級は一級一号と思われ、年収は約400万前後のようです!