2019年12月1 日より、ながら運転が厳罰化されました。

減点や罰金、最悪免停になる場合もあるのでどのくらい厳罰化されるのかしっかり頭に入れおきたいですね!

そもそもながら運転とはどういう行為なのか、どこまでセーフなのか、また信号待ちでのスマホやテレビ、カーナビ操作はしていいのかまとめました!





ながら運転とは?

まず、ながら運転とはなんなのかというと、
スマートフォンの操作をはじめとした、運転以外の行為をしながら運転をすること。

運転以外の行為をあげてみると、

・通話(携帯電話、スマートフォンでの通話)
・通信(スマートフォン、タブレット、PCでのメール及びメッセージの確認など)
・画面に目を向けること(テレビやDVDの視聴)
・カーナビの注視や操作
・オーディオ、エアコンの操作
・新聞、雑誌、書籍、仕事関係の書類などに目を向ける
・飲食
・喫煙
・化粧
・会話(同乗者に視線を向けてなくても、会話することにより注意散漫になる)
・運転とは直接関係ないところへ意識や視線を向ける(景色や他の車や、建物、歩行者の容姿など)

項目みると、『ながら運転』していない人なんていないと思います(笑)


厳罰化でどこまでセーフ?

ながら運転の項目をみると余計、どこまでセーフなのか気になります。
『ながら運転』と見なされない、つまりセーフとされる行為は

・カーナビは基本的に見ても大丈夫ですが、一般的な法解釈では運転中にカーナビを2秒以上続けて見てしまうとアウトとされています。
ながら運転厳罰化
〈引用:FNNPRIME

なぜ2秒という数字が出てきたのかというと、警視庁の調べによると、時速60キロで走行した場合2秒間で約33.3メートル進みます。その間に歩行者が道路を横断したり、前の車が渋滞などで停止していたら事故を起こしてしまう可能性高くなるからということです。
ながら運転厳罰化警視庁資料
〈引用:警視庁ホームページ
運転経験がある方なら誰でも、自分では一瞬目を離したつもりでも以外と距離が進んでいてヒヤっとした時があると思います。
ほんの2秒が取り返しのつかないことになると思うと怖いですね。

・携帯電話は、運転中スマホを使うのは当然アウトですが、赤信号で停車中の場合はセーフとなります。
ながら運転厳罰化
〈引用:FNNPRIME
ただし、青信号に気付くのが遅れて後ろの車にクラクションを鳴らされてしまったり、それがもとでトラブルになったりするケースもあるため、緊急の時以外は避けた方が良いようです。

 

今回携帯電話使用等で改正された点

・罰則 6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金・違反点数『1点』
➡『3点』

・反則金は普通車の場合、『6000円』
➡『1万8000円』(各車種ごとに約3倍に引き上げられます)

 

かなり厳しくなりましたね。

また、携帯電話やスマホの『ながら運転』が、交通事故などの危険に結びついた場合

・改正前『3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金』
➡改正後『1年以下の懲役、または30万円以下の罰金』

・違反点数は、『2点』
➡『6点』つまり一発免停!!



ハンズフリーの通話はセーフ?

運転中に携帯を持っての通話はもちろんアウトですが、ハンズフリーだったら通話はセーフなのでしょうか?
結論から言うと、罰則の対象になりませんが、地域によっては条例で禁止の場合もあります。

ハンズフリーは、イヤホンを着けて通話します。
両手はしっかりハンドルを握っているし、前をみてるので、今回の違反項目『2秒以上の画面注視』には当たらないものの、イヤホンを着けることによって周りの音が聞こえにくくなる可能性があります。

緊急車両やパトカーのサイレンなどに気付くのが遅くなると大変なことです。
なので、条例でハンズフリーを禁止している自治体も多いのです。

また、イヤホンがいらないBluetoothだったらいいのか?思いますが、結局通話をすることにより、意識が運転よりも会話にいってしまうのでやはり危険です。

ということで、運転中の通話はせず、邪魔にならないところに一旦車を停止し、落ち着いて通話をするのが確実にセーフだということです!

ながら運転厳罰化でどこまでがセーフ?まとめ

ながら運転厳罰化でどこまでセーフでどこからアウトか、また改正された点をまとめました。
セーフ
・運転中カーナビは基本見ても大丈夫
・信号待ちでのスマホ操作

アウト
・運転中カーナビを2秒以上注視する
・運転中のスマホ操作

改正された点
運転中に携帯電話を手に持って通話や操作をしたり、画面を見続けた場合
・違反点数3点
・反則金は普通車の場合1万8000円(各車種ごとに約3倍に引き上げられます)
・罰則 6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金

『ながら運転』が交通事故などの危険に結びついた場合
・1年以下の懲役、または30万円以下の罰金
・違反点数は、6点で一発免停

ついついうっかりでは済まされなくなりました。信号待ちでの携帯電話操作はセーフですが、一番は車に乗ったらどんなシュチエーションでも携帯電話はいじらないのがいいかもしれませんね!