吉本興業の話題はなかなか無くなりません。今回は吉本興業のコンビ芸人が京都市をアピールするため自身のTwitterアカウントにアピール写真とコメントを投稿しましたが、それがTwitter1回で50万円という契約だったことが話題にあがっています。



吉本・ミキのステマ広告まとめ!

昨年10月に京都市出身の人気漫才コンビ『ミキ』の2人が2回にわたって計4本ツイートしました。そのツイートをまとめました。
京都国際映画祭のコラボポスター宣伝のTwitter。

京都市ふるさと納税を宣伝するTwitter。

こちらも京都市ふるさと納税を宣伝するTwitter。




1回50万円に世間の反応と見解は?

ツイート一回50万円に京都市市長公室
『普段は市の情報が届かない若者らにタレントの発信力で伝えることが主眼で、盛り上げ隊としての活動の一つ』としています。
また、吉本興業の広報担当者『(公金の使い道については)市の事業なので判断する立場ではなく、金額は十分に見合うものだ』としている。
当の京都市と吉本興業は問題はないと判断しているようです。

世間の反応はどうなのでしょうか?

同志社大の真山達志教授は今回の問題は誤解を与える問題の手法だと指摘しています。

市民感覚からすれば地元タレントが地域貢献でツイートしたと考え、報酬が発生しているとは思わないだろう。公金の使い方としては驚く額で、自治体の広報としては誤解を与える問題のある手法だ〈参考:yahooニュース〉

「金額うんぬんより、ステマ広告ということが問題では?」批判の声があがっています。

堀江貴文さんも今回PR表記が入っていないことが問題だと指摘しています。

50万という金額については国民の意見は別れているようです。
PRとしてはCMよりも安く芸人さんのアカウントを借りているし妥当ではという意見。

税金を使い道として妥当なのかと疑問を持つ方も!

人気のある若手コンビのミキがこの件に巻き込まれ可愛そうと心配する声も!




吉本・ミキのステマ広告ツイート!まとめ

京都市PRのためにフォロワー20万人以上の吉本の人気コンビミキのツイッターを使用し、1回のツイートで報酬50万という件では、市の税金の使い方について疑問があるという意見もあれば、CMを作るよりは安いのではないかと意見は別れています。
また、金額よりも、PR表記がなくステルスマーケティングを疑われることが問題という意見もありました。
それ以外にもミキは巻き込まれた感があり、イメージダウンにならないか心配の声もありました。