NHKの相撲中継で藤井アナウンサーが『平成天皇』と言ったことが、非難を浴びています。

昭和天皇と呼び方はあるのに、なぜ平成天皇と呼んでいけなかったのか、調べてみました。



平成天皇と呼んでいけない理由は?

そもそも『○○天皇』という呼び名は、『諡』(おくりな=崩御後の追号)といって、

「人の死後にその徳をたたえて贈る称号」なんです!

年号が令和になりましたが、上皇陛下はお亡くなりになったわけでなく退位したので、○○天皇とは呼んではいけないのです。

とても失礼なことですよね!


『平成天皇』発言の経緯

『平成天皇』と発言したのはNHKベテランの藤井康生アナウンサー。
大相撲アナの第一人者でもある方です。
解説もファン目線で分かりやすいと好評です。

皇族の呼び方について

皇族の呼び方についてまとめてみました。
皇室に関する日本の法律『皇室典範(こうしつてんぱん)』によると、

天皇、皇后、太皇太后(先先代の天皇の皇后)及び皇太后(前天皇の皇后)の敬称は陛下
それ以外の皇族の敬称は殿下と決められています。

上皇の敬称は天皇の退位等に関する特例法で『陛下』と定められていますが、『上皇さま』とメディアでは呼んでいます。

現在の皇族の呼び方は、

上皇=退位された上皇陛下
上皇陛下、明仁上皇、明仁上皇陛下

上皇后=美智子さま
上皇后陛下、美智子上皇后、美智子上皇后陛下

天皇=即位された天皇陛下
天皇陛下、徳仁天皇、徳仁天皇陛下、今上天皇

皇后=雅子さま
皇后陛下、雅子皇后、雅子皇后陛下

皇嗣=秋篠宮さま
皇嗣殿下、秋篠宮皇嗣殿下