話題のおしゃれすぎる小学生COCOさんのご両親は原宿でビンテージショップを経営しています。
COCOさんも小さい頃から、ご両親やお店に来るお客さんの影響を受け、おしゃれに目覚めました。

そんなご両親のお店の名前や場所を調べ手みました!

また、お父さんは自らバイヤーとして定期的にアメリカなどで仕入れをしてくるそうなので、お店経営しているご両親の年収も予想してみました!



COCOさんの父親と母親が経営するビンテージ店の名前と場所

COCOさんのご両親のお店は原宿にあります。
FUNKTIQUE TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前3-21-22 フィールドビル3F

FUNKTIQUE TOKYO

営業時間12:00~20:00(定休日なし)

『FUNKTIQUE TOKYO』はアート系ファッション、スポーツブランドを中心に、80年代から90年代のユーズドアイテムと新品を扱っているショップです。ウェアやアイテムは、アート系のデザインやスポーツブランドを中心に、メンズとレディースの両方を扱っています。

オンラインショップもしています!
FUNKTIQUE TOKYOオンラインショップ

COCOさんのインスタにはたまにご両親のお店で撮った写真がアップされています。

COCOさんが着ている洋服もお父さんがアメリカなどで仕入れてくるそうです!

 

お父さんの写真は見つからなかったのですが、COCOさんがインタビューを受けているYouTubeにCOCOちゃんのお母さんが登場していました!

英語ペラペラなんですね!

FUNKTIQUE TOKYOの評判は?

FUNKTIQUE TOKYOの評判はどうなのでしょうか?

商品のディスプレイの方法が上手で、開放感があります。スタッフさんは、特に話しかけてきませんし、目が合うと、にこやかに笑いかけてくれるので心地良いです。おかげで、ゆったり時間をかけた商品選びができるので、おすすめです。商品は、女性らしいエレガントなものだけでなく、気軽に着こなせるカジュアルなものも多いので、キメキメファッションだけではなく、普段使いができるファッションに出会えます。
商品価格は、かなりリーズナブルなので、買いやすいです。(30代女性)

シャツだけでも色んな色が揃っていたり、柄の種類も豊富ですね!

アイテムの雰囲気としては、アメリカン寄りのもの、ヨーロッパ寄りのもの、中には和風よりのものなど、さまざまなものが取り揃えられていました。アクセサリー類や小物類も多いので、全身コーディネートができるのも、すごく楽しかったです。
カラーの取り揃え方がすごく上手だと思いました。(30代女性)

アクセサリーの種類も多く一点物というのも魅力的ですね!

 

洋服や小物類はスポーツ系からその他まで揃いますので、一点ずつよく見た方がいいですよ。古着のコンデイションは保たれていると思います。(20代・女性)

こちらはビンテージブーツ。パッと見た感じユーズド感はなく、綺麗ですね!

 

人気のモデルさんにも好評のようです!

男性モデルゆうたろうさん。

元ギャルファッションモデル郡司英里沙さん。

一点物で服だけでなく、小物やアクセサリーなども扱っていてて、しかもリーズナブルということで人気のお店のようですね!


COCOさんのご両親の年収はどのくらい?

お店を経営し、仕入れまでしているCOCOのさんのご両親の年収はどのくらいなのでしょうか?

『FUNKTIQUE TOKYO』はセレクトショップです、そしてインタネットでも販売されています。
セレクトショップの経営している方の平均年収は約250〜400万円と言われています。
ネットでの販売の平均年収約300〜1000万円
〈引用:ファッション専門学校エスモード

セレクトショップの平均年収はあまり高くなんですね。

『FUNKTIQUE TOKYO』さんは店舗のみならずネット販売もしているので、セレクトショップの平均年収とネットでの販売の平均年収を合わせると、約550~1400万円と予想されます。


COCOさんの父親と母親が経営するビンテージ店の名前や場所はどこ?まとめ

オシャレすぎる小学生COCOさんのご両親が経営しているお店と年収についてのまとめです!
・ビンテージショップのお店の名前は『FUNKTIQUE TOKYO』

・お店の場所は東京都渋谷区神宮前3-21-22 フィールドビル3F

・『FUNKTIQUE TOKYO』は店舗販売とネット販売しているので、年収は約550~1400万と予想。

お店の評判もよく、COCOさんの活躍でますます人気が出てきそうですね!