2020年2月7日公開の『アントラム 史上最も呪われた映画』。

アントラム

1970年代にアメリカで制作されたもので、なぜか今になって公開が決定された映画だそうです。

観たら死ぬ

というキャッチフレーズで、ホラー映画好きにとってはワクワクする言葉です!

正直、あまり公開前にこういった映画の真実を調べるのは好きではないのですが、結局調べたくなる性格なので、
『アントラム』は実話なのか、また、過去に呪いと言われる事があったのか調べてみました!



『アントラム』の映画内容は実話なの?

『アントラム』の映画はどんな内容なのでしょうか?

まずは、この映画が公開に至った経緯をまとめました。

・『アントラム』は1970年代にアメリカ・カリフォルニア州で撮影された映画

・映画には“恐ろしいもの”が映り込んでいたことで上映さることなくお蔵入りに

・1988年にハンガリー・ブダペスト上映中に火災が発生し56名が犠牲となる事故が起きる

・その後、関係者が次々と謎の死を遂げる

・時が経ち、ドキュメンタリー映画作家が『アントラム』の35mmフィルムを発見

・呪いの映像『アントラム』は内容がバージョンアップされ『アントラム 史上最も呪われた映画』として公開されることになった

1970年代にアメリカ・カリフォルニア州で撮影された『アントラム』。
その映画は死んだ愛犬の魂を弔うために地獄への扉を開いてしまった幼い姉弟を描いているのですが、映ってはいけない“恐ろしいもの”が映り込んでいた。
当時から怖すぎると噂され、上映されることはなかった。

しかし、1988年にハンガリーのブダペストで世界初上映が強行された。
その上映中に火災が発生し、映画館が焼失。
56名が犠牲になるという事故が起こってしまう。
その後も関係者が次々と謎の死を遂げたことから、“観たら死ぬ映画”として知られることに。

そして時は経ち、ドキュメンタリー映画作家のマイケル・ライシーニとデヴィッド・アミトが『アントラム』の35mmフィルムを発見し、新たに関係者や研究者たちの証言を加えて本作を制作した。
〈引用:アントラム公式サイト

ということで映画の中に“恐ろしいもの”が写りこんでいたことが原因なのか、不運な出来事が次から次へと起こり、お蔵入となった映像フィルム。
フィルムは一時行方不明となっていましたが発見され、映画作家がこのフィルムに興味を持ち、一体何があったのか当時の関係者や研究者達の証言も入れたドキュメンタリー映画に作り変えられ公開まで至ったということですね。

『アントラム』公式予告(予告は観て大丈夫なのか?と指摘がありますが、ギリギリ死なないレベルに編集されているそうです。笑)

 

予告をみると、2009年に公開されたミラ・ジョヴォヴィッチ主演『フォース・カインド(THE 4TH KIND)』にも似ているような気がします。

フォース・カインド

フォース・カインド

『記録映像と再現映像からなるドキュメンタリー』風なモキュメンタリー

2000年10月に実在した事件であるという設定で、アラスカ州ノームが舞台。
夫を何者かに殺害された心理学者のアビゲイル・タイラー博士が、2年前に目の前で起きた夫の死の真相を探るべく、街の患者たちを診ていくうちに事件の真相へと近づいていく。

映画の物語が『実際の事件』に基づいたものだと説明しているが、具体的な事件は明示していない。
そのため、事件の証拠資料の存在やアビゲイル・タイラー博士が実在の人物であるかなどについてさまざまな憶測が流れた。

のちに、映画配給のユニバーサル・ピクチャーズは、映画の中で語られるアラスカ州ノームで起きた『実際の事件』とはバイラルマーケティング(口コミを利用し、低コストでお客さんの獲得を図るマーケティング手法)の一環であったことを認めている。

『フォース・カインド』のようにドキュメントのように見せて、フィクションなのもあります。

ただ、『フォース・カインド』の元となった事件は配給会社のバイラルマーケティング(口コミを利用し、低コストでお客さんの獲得を図るマーケティング手法)と言われているものの、事実は本当のところ分かりません。

 

『アントラム』が呪いと言われる、1970年代に撮影されたと映像も流れるようです。

1988年にブタペストの映画館が焼失し、56人が犠牲になった事実を調べたのですが、これといった情報は得られませんでした。
ということは『アントラム』が実話かどうかは映画を観てみないと分かりませんね。



呪いや謎の死の事例とは?

1988年にハンガリーのブダペストで初上映された際は上映中に火災が発生し、56名が犠牲となりましたが、”史上最も呪われた映画”と言われるくらいなので他にも不幸な事が起こったのか調べてみました。

映画の中で、『アントラム』の映画を観た数名が死亡したとの話しがあります。

・ジョーンズパーク映画祭ジャネット・ヒルバーグ映画を観て24時間以内に死亡

・コロラド映画祭トム・スタイラム、鑑賞後に感電死

・ラホヤ映画祭ジョー・バリンジャー鑑賞後にオニダルマオコゼの毒針に刺され死亡

また、アメリカ国内では2019年秋に公開されました。
公開されて何か呪いに結び付きそうな事があったかどうか調べてみましたが、特に気になることはありませんでした。

日本での公開するため担当を引き受けた配給会社は、オカルト情報サイトでお馴染みのTOCANA編集部です。

公開前にも関わらず、既におかしなことが起こっているといいます。

・上映館との交渉に際して実施した内覧会で映写機が原因不明の故障を起こす。

・周囲で怪奇現象が連発。

結果、関係者を招待しての試写会は断念することになったそうです。

配給会社トカナのサイトでは他にも、『アントラム』が無事何事もなく上映されるよう除霊式を行ったのですが、
霊媒師が途中奇声をあげ除霊式は中断されたという情報もあります。
〈引用:トカナ公式サイト


『アントラム』上映される映画館は?

『アントラム史上最も呪われた映画』が上映される映画館をまとめました。

『アントラム』上映の映画館(2020年2月6日時点)
都道府県 映画館 公開日
北海道 新千歳空港シアター
(TEL:0123-46-4150)
2020/2/14(金)
ディノスシネマズ旭川
(TEL:0166-21-1233)
2020/2/14(金)
東京都 ヒューマントラストシネマ渋谷
(TEL:03-5468-5551)
2020/2/7(金)
シネマート新宿(TEL:03-5369-2831) 2020/2/7(金)
ユナイテッド・シネマアクアシティお台場
(TEL:0570-783-804)
2020/2/7(金)
109シネマズグランベリーパーク
(TEL:0570-012-109)
2020/2/7(金)
イオンシネマ板橋
(TEL:03-3937-1551)
2020/2/14(金)
イオンシネマ多摩センター
(TEL:042-355-8700)
2020/2/14(金)
イオンシネマ シアタス調布
(TEL:042-490-0039)
2020/2/14(金)
神奈川県 109シネマズ川崎
(TEL:044-520-0136)
2020/2/7(金)
109シネマズ湘南
(TEL:0466-34-0109)
2020/2/7(金)
小田原コロナシネマワールド
(TEL:0465-45-5688)
2020/2/7(金)
千葉県 イオンシネマ市川妙典
(TEL:047-356-0205)
2020/2/14(金)
埼玉県 イオンシネマ春日部
(TEL:048-718-1033)
2020/2/7(金)
イオンシネマ大宮
(TEL:048-654-9494)
2020/2/14(金)
栃木県 109シネマズ佐野
(TEL:0283-20-0109)
2020/2/7(金)
愛知県 名古屋センチュリーシネマ
(TEL:052-264-8580)
2020/2/15(土)
岐阜県 大垣コロナシネマワールド
(TEL:0584-75-5760)
2020/2/7(金)
三重県 イオンシネマ津南
(TEL:059-238-5500)
2020/2/7(金)
石川県 金沢コロナシネマワールド
(TEL:076-266-5774)
2020/2/7(金)
大阪府 シネ・リーブル梅田
(TEL:06-6440-5930)
2020/2/7(金)
京都府 京都みなみ会館
(TEL:075-661-3993)
2020/2/7(金)
兵庫県 109シネマズHAT神戸
(TEL:0570-011-109)
2020/2/7(金)
広島県 福山コロナシネマワールド
(TEL:084-981-5031)
2020/2/7(金)
イオンシネマ広島西風新都
(TEL:082-941-7070)
2020/2/14(金)
福岡県 小倉コロナシネマワールド
(TEL:093-581-5628)
2020/2/7(金)
イオンシネマ福岡
(TEL:092-938-9666)
2020/2/14(金)
熊本県 イオンシネマ熊本
(TEL:096-235-7707)
2020/2/14(金)
沖縄県 桜坂劇場
(TEL:098-860-9555)
近日公開

上映会場はこちらを確認下さい→アントラム公式サイト

上映が決まっている映画館はまだ少ないようです。
関東圏は2020年2月7日(金)からの上映が多いですが、他の地域は2020年2月14日(金)から上映のところもあります。


『アントラム』の映画内容は実話なの?まとめ

観たら死ぬ!と言われている映画『アントラム史上最も呪われた映画』についてのまとめです。
・『アントラム』は1970年代にアメリカで制作されたホラー映画で、そこに恐ろしいものが映っていると話題になり公開されずお蔵入りになった映画

・1988年ブタペストで強行公開され、観た方達が死亡したり映画館が焼失したりという事実を調べたがこれといった情報がなかったため、実話なのかは分からない

・今回日本で公開されるにあたり配給会社トカナでは、関係者を招いて上映会をしようとしたが、映写機が壊れたり周囲で怪奇現象が起きたため中止になったと公表している

・公開は関東地区中心に18ヶ所の映画館で2020年2月7日(金)から、10ヶ所の映画館では2020年2月14日(金)から上映

上映冒頭には『何が起こっても自己責任でお願いします』というような注意喚起が流れるそうです。
冒頭からドキドキする映画ですね!
『アントラム』が本物の呪われた映画なのかは観てみないと分かりません・・。