バリュー株 中長期保有 高配当株

爆益期待!?有望株:長谷工コーポレーションは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:長谷工コーポレーションについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:長谷工コーポレーションについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:長谷工コーポレーションに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:長谷工コーポレーションに対する投資戦略/売買タイミング

長谷工コーポレーションが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、長谷工コーポレーションを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

30代男性 事務職員 投資経験は株式投資10年程度 投資スタイルは基本的には中長期保有で短期売買は行わないタイプです。

宜しくお願い致します。

長谷工コーポレーションに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、長谷工コーポレーションに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

長谷工コーポレーションへの投資をオススメする理由としてはコロナウイルスが終息後には必ずまた外国人観光客が東京へ押し寄せてくると思います。長谷工コーポレーションはマンション建築などの分野において国内首位であり、今後はマンションについても外国人からの購入などが見込めると思います。長期的なスタンスで考えると今のうちから投資しておいたほうが利益を上げることが見込めるのではないかと思います。実際にコロナウイルスが蔓延する社会になってもマンション販売は業績が良好であり、コロナウイルスが終焉すればさらに大きな需要が見込めると思います。また、中国人観光客が日本の不動産を買いあさっている傾向があるので日本国内のマンションは外国人から見ても魅力的に感じているのだと思います。そのため日本人および外国人からの購入が見込めます。業績の向上が見込めることと配当に関しても長谷工コーポレーションは4%を超える配当なので長期投資が主なスタイルという人にとっても長谷工コーポレーションへの投資は非常に有意義であると思います。長期的にじっくりと資金を増やしていきたいというスタイルの方にはまさしくうってつけの銘柄であると思います。

長谷工コーポレーションに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

投資戦略として長谷工コーポレーションを考えると短期売買ではなく長期投資として考えるのが一番効率的でリスクが少ない投資戦略であると思います。そのため購入タイミングとしては少しずつ積み立て投資を行うことをオススメします。長期的にゆっくりと積み立てすることによって購入金額の平均化ができるので少しずつ値上がりしていくであろうこの銘柄にとっては理想的な購入方法だと思います。長期的に保有することによって配当によるインカムゲインも見込めますので長期投資が好きという方にはうれしいポイントであると思います。損切については企業の不祥事など会社が倒産する可能性があるような大きな事件があれば当然視野に入れておくべきでしょう。

長谷工コーポレーション投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

国内株式一銘柄に投資することは当然リスクがあります。情報収集に関してはしっかりと行っていくことにこしたことはないでしょうが長谷工コーポレーションは一般の方でも広く名前を知られている大企業です。そのため大きな不祥事や事件などが起これば当然、新聞やテレビなどのメディアを賑わすことは間違いないと思いますのでニュースや新聞をいつも見ているという方であれば自然とそういった情報は入手できると思いますのでそこまで注意は必要ないかと思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:長谷工コーポレーションについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

長谷工コーポレーションの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略