バリュー株 中長期保有 高配当株

爆益期待!?有望株:アジアパイルホールディングスは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:アジアパイルホールディングスについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:アジアパイルホールディングスについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:アジアパイルホールディングスに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:アジアパイルホールディングスに対する投資戦略/売買タイミング

アジアパイルホールディングスが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、アジアパイルホールディングスを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は派遣社員としてコールセンターで仕事をしている40代の女性で、資産運用の一環として株式投資を始めてから15年になります。運用している資金は900万円であり、買った銘柄が3割以上値上がりしたら機械的に利食い売りをする方針です。

宜しくお願い致します。

アジアパイルホールディングスに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、アジアパイルホールディングスに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この会社の特徴は、コンクリート杭打ち工事で国内有数のシェアを誇っている点にあります。杭打ちは基礎工事の中でも非常に重要な作業内容であり、ビル建設やマンション建設が行われる限り工事の需要がある点も魅力的です。そのために経営の安定性も高く、配当を目当てにこの銘柄への投資を行っている個人もいます。更にベトナムやミャンマーでも事業を拡大しており、将来的な成長も期待できます。またこの会社は場所打ち杭に関する高度な技術も持っており、超高層ビルの建設でも大きな役割を果たしています。国内でも都市部で再開発が行われており、場所打ち杭関連の工事の受注で売り上げと収益が伸びる可能性が高いです。更にベトナムでは再生可能エネルギーの受注にも力を入れており、風力発電ビジネスへの参加なども考えられます。そして海外で培った風力発電のノウハウを国内でも生かすことで、環境に優しい企業としての存在感も高まります。またPBRが0.5倍程度でPERも9倍ぐらいなので、割安な高配当銘柄としても位置づけることができます。そしてコロナの影響の中で各国は財政出動にも積極的であり、公共事業に投資される金額が増えることで、この会社の業績と株価もアップする可能性が高いです。

アジアパイルホールディングスに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

4パーセント以上の配当利回りがあるこの銘柄は、バリュー株投資と長期保有に興味を持つ人々を非常に引き付けています。しかし1か月に1回程度上昇と下落を繰り返すことが多いので、比較的短期間で利益を確定させることもできます。この1年間の株価のレンジは450円から550円に大体収まっており、極端に激しい値動きをしないのが特徴的です。そのために投資経験が浅い人や保有銘柄が少ない人も、小口の資金で比較的安心して買うことができます。特にこの2か月間は470円前後で推移することが多く、安値で仕込めるチャンスを見つけることができます。460円で買って数か月後に500円で売るのが、無理のない範囲で早期に利益を確定させる最善の方法です。大きく下げた場合にはナンピン買いを入れる戦略もありますが、400円を割ったときには見切り売りするのが理想的です。

アジアパイルホールディングス投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

この会社にとっての最大のリスク要因は、ミャンマーにおける政情不安です。確かにミャンマー国内での事業展開の規模は小さいですが、政情不安が続くと業績に影響を与える可能性も高まります。また再開発やビル建設などの大きなプロジェクトは、景気に左右されることが多いです。特にリーマンショック級の不景気になった場合には、この会社の売り上げも大幅にダウンする可能性が高まります。したがって投資する場合には、今後の景気動向も見極める必要があります。

まとめ

個人投資家による有望期待株:アジアパイルホールディングスについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

アジアパイルホールディングスの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略