グロース株 中長期保有

値上がり期待!?有望株:レーザーテックは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:レーザーテックについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:レーザーテックについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:レーザーテックに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:レーザーテックに対する投資戦略/売買タイミング

レーザーテックが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、レーザーテックを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

30代女性、保育士、株式投資歴:7年、運用資産:400万円、投資スタイル:中長期保有、ファンダメンタル分析好きです。

宜しくお願い致します。

レーザーテックに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、レーザーテックに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

レーザーテックは半導体製造における、マスク欠陥検査装置を世界で初めて開発した会社になります。半導体の微細化に必要なEUV露光向けのマスクブランクス検査装置ではなんとシェア100%の会社になります。また、近年の業績の伸びも素晴らしく、過去5年間で経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益も3倍以上に伸びている会社になります。会社の特徴としては、研究開発に特化したファブライト企業であることです。ファブライトとは開発・設計をメインに最小限の製造規模を維持しながら、製造を外部へ委託する形態になります。半導体の分野は技術革新と成長が続いている分野で、微細化のみならず、新材料・新構造の導入でますます高度化が進んでいます。そのような分野でファブライト型をとることで、研究開発やエンジニア教育に重点投資することによって、変化の早いその半導体業界で、シェア100%の製品を持つことに成功している企業になります。レーザーテックは半導体に限らず、二次電池の可視化装置やパワーデバイスの検査装置など、強みを生かして、既存事業だけでなく、新たなビジネスで付加価値の高いオンリーワン製品・ソリューションをグローバルに提供する「マルチニッチトップ」を目指している会社になります。

レーザーテックに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

近い将来、半導体は様々なもので、利用されることが想定されていて、拡大の余地がまだまだ残されている業界になるので、中長期で保有するのに適した銘柄になります。昨年から多少の調整はありつつも、株価は2倍以上になっている銘柄なので、短期的には調整がある可能性のある銘柄になるので、一旦、株価が下がったかなというところで購入されるとよいと思います。購入した後は多少、調整等があるかとは思いますが、じっくりと長期保有していくことで、その期待に十分こたえることのできる銘柄だと思います。というのも、繰り返しにはなりますが、半導体業界はまだまだ伸びる業界であると点とこの企業の成長率がもの凄く、ここから一体どこまで伸びるのか、期待がかかる企業だからです。

レーザーテック投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

基本的に、業績的には問題の少ない銘柄ではあるのですが、これから投資するにあたって留意することは、これまで、急激に株価が上昇してきたという点になると思います。ここ5年間で株価は20倍以上になったことを考えると、今後、多少の調整はあるかもしれません。また、株価は20,000円を超えているため、最低でも200万円以上の投資資金が必要になるので、ある程度まとまった投資用の資金が必要な会社になります。そういった面が留意点になるかと思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:レーザーテックについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

レーザーテックの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-グロース株, 中長期保有

© 2021 個人投資家の売買戦略