バリュー株 中長期保有 低位株 高配当株

爆益期待!?有望株:大盛工業は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:大盛工業について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:大盛工業について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:大盛工業に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:大盛工業に対する投資戦略/売買タイミング

大盛工業が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、大盛工業を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

30代の男性で、職業は不動産会社の営業マンです。投資経験はすでに15年を超えており、当初は100万円からスタートした運用資金もすでに600万円を超えています。安値で放置されている小型株への投資がメインであり、特に配当利回りが高い銘柄を中心に売買しています。

宜しくお願い致します。

大盛工業に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、大盛工業に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

大盛工業は以前は業績が悪くて無配が続いていましたが、最近では業績も安定しており継続的に配当を出している点にも魅力を感じています。この会社は上下水道の工事がメインであり、東京都から安定した工事の受注を受けていることにも強みがあります。そのために上下水道工事で急激に業績がアップすることはあまりないですが、一方で売り上げの激減による経営状態の悪化のリスクが小さいメリットもあります。また年間売り上げが50億円程度の小さな企業ですが、独自の高度な技術を持っているのが大きな特徴です。特にこの会社はOLY工法という独自技術を使った施工に力を入れており、将来的に更に事業を拡大する場合のカギになっています。更に買収にも意欲的であり、新しい会社を買うことで優秀な技術者を確保できるメリットも得られます。また不動産事業にも力を入れており、マンションやアパートの保有で家賃収入も得ています。特にトランクルーム事業にも意欲的であり、バイクの保管などのニッチな分野で業界をリードすることも期待できます。また現在は東京都内での事業がメインですが、今後は関東全域や他の地方への進出で事業規模が拡大することも期待されています。

大盛工業に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

最近の株価は200円から215円程度のレンジを行き来しており、200円を割った時が大きな買いのタイミングになります。最近のチャートを見ると明らかにボックス相場になっており、200円で買って210円で売るような、こまめな取引で小刻みに小さな利益を積み重ねる投資手法も実践できます。その場合には数か月に1回の割合で、売買の良いタイミングが巡ってくる可能性が高いです。しかし将来的な増配で配当利回り3パーセント以上を実現できる可能性もあるので、長期投資に徹することもできます。一方で企業買収の結果がマイナスに働いた場合には業績が悪くなるので、決算発表の資料を参考にしながら臨機応変に売却するのが理想的です。」

大盛工業投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

時価総額が30億円程度の企業なので、大きな資金を使っての取引にはふさわしくないです。したがって大盛工業への投資を行う場合には、1回あたり10万円以内の資金にするべきです。特に本業と関係のない企業を買収する動きが見られた場合には、その動向を慎重に分析する必要があります。また不動産を高値でつかんだ場合には業績悪化につながるので、融資の活用や不動産投資に対する大盛工業の基本的な姿勢も調べることが重要です。」

まとめ

個人投資家による有望期待株:大盛工業について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

大盛工業の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有, 低位株, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略