バリュー株 中長期保有

急騰必死!有望株:JR東海は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:JR東海について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:JR東海について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:JR東海に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:JR東海に対する投資戦略/売買タイミング

JR東海が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、JR東海を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

30代男性会社員事務職、投資経験は株式投資を10年程度、運用資産は500万円程度運用、投資スタイルは基本的に中長期保有。

宜しくお願い致します。

JR東海に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、JR東海に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

JR東海を個人的にお勧めする理由としてはこの銘柄は以前コロナウイルス発生前の株価を回復できてはいませんが、世界的に見てコロナウイルスに対する対抗策としてワクチンが開発され始め摂取も進んでいることから日本においてもワクチンが全ての人たちに行き渡るのも時間の問題だと思っています。現在は悲観的なニュースが多いのですがこんな状況だからこそ先んじて投資しておくことによって必ず交通網というものは必要になっているものであり多くの人たちが利用することが考えられます。飛行機と比較して鉄道は生活になくてはならないものであり、通勤や通学、レジャーに行く際など必ず需要は出てきます。この銘柄は日本が誇る代表的企業であり日本にとって無くてはならない会社なので政府も危機的状況にあれば黙っているとは考えられませんし、それほど高くはないとはいえ配当利回りも期待することが出来ます。今後のコロナウイルスによる回復による株価の復活と日本が誇る会社であり政府が重要視している鉄道網の一つであることから中長期的視点に立って長期保有しておけば多くの利益を上げることができるのではないかと考えています。今のうちに仕込んでおいて損はない銘柄と思います。

JR東海に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

この銘柄における売買戦略や売買タイミングについてですが、コロナウイルスから復活さえしてしまえば鉄道網は生活において絶対に必要なものなので株価が下がるということは正直考えにくいと思います。売買戦略としてはこのまま保有し続けてもよし一部売却しても良し株価が上がってからは好きな方針をとって良いと思います。ただ全て売却してしまうというのは今後の成長も見込める段階であればもったいないと思うのでこの銘柄は保有し続けていた方が良いのではないかと個人的には考えています。損切りすべきタイミングとしてはよほどの不祥事が起きた際は損切りも考えなければいけませんが下手に売却して後から後悔するようなことにはならないように売却する際はよく考えて決めた方が良いと思います。

JR東海投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

この銘柄におけるリスクや注意事項についてはやはり交通網ということもあるので事故などに関しては注意しておく必要性があると思います。企業側の大きな過失によって多くの人を失くしてしまうことになれば企業に対する信頼はなくなってしまいますしそんなことになれば会社の存続にも関わってくるでしょう。いずれにせよ日本を代表する企業なのでそんなネガティブなニュースがあれば必ず耳に入ってくるのでその際は損切りすることも考える必要性があると思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:JR東海について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

JR東海の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有

© 2022 個人投資家の売買戦略