中長期保有

爆益期待!?有望株:MS-Japanは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:MS-Japanについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:MS-Japanについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:MS-Japanに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:MS-Japanに対する投資戦略/売買タイミング

MS-Japanが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、MS-Japanを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は40代の男性会社員です。株式投資歴はすでに20年であり、投資スタイルは中長期保有を貫いてきました。その結果、現在の運用資産は1500万円となっています。

宜しくお願い致します。

MS-Japanに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、MS-Japanに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この銘柄に投資できると考える根拠としては、ひとつはファンダメンタルズ分析の視点が挙げられます。日本のマクロ経済を分析すると、あきらかに景気は底打ちを示し、不況を脱出して好景気への道筋を描き始めています。不況を抜け出るとき、各企業が最初に中途採用で人材を募集する職種が営業職や開発職です。次に、新規事業担当などの職種についても募集を始め、好景気に入り各企業が事業拡大に本腰を入れた時点で、経理部門や人事部門といった管理部門の人材を募集することになります。現状は、各企業は管理部門の拡充には動いていませんが、すでに営業職やシステムエンジニアなどの技術職や開発職の拡充に動いています。今後、景気回復が鮮明になれば、各企業が管理部門の拡充に動くと予想できるため、この銘柄の業績は好転していくと予想できます。そのため、この銘柄へは投資できると判断できます。一方、テクニカル分析の視点でも投資すべきと考えます。週足チャートでみると、2019年初頭に中期移動平均線が長期移動平均線をデッドクロスし、それ以降株価は下落トレンドが続いていました。しかし、2021年2月に中期移動平均線が長期移動平均線をゴールデンクロスし、ローソク足は移動平均線の上に位置しています。さらに長期移動平均線の形状が右肩上がりに変化しています。株価は、この銘柄の業績好転を織り込み始めていると考えられるため、投資できると判断できます。

MS-Japanに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

投資スタンスとしては、保有想定期間を2年と考えるべきです。次の好景気の期間は予想外に短く、2年から3年と想定できるためです。日本銀行による金融緩和政策が終了すれば、再び不景気に突入する可能性が高いです。そのため、想定利益率は100%と考えるべきです。前回の好景気の頂点である、2018年につけた約2400円という株価が、今後数年間の高値水準となると想定できます。そして、この銘柄を購入すべきタイミングは現在と考えます。週足チャートの形状をみると、まだローソク足は移動平均線の上に位置し始めたばかりです。移動平均線との乖離率は低いです。現在が株価上昇の発射地点に位置していると考えられるため、いま投資すべきです。また、利益確定すべきタイミングは、日本銀行が公表している日銀短観などで、各企業が持つ在庫が増加傾向を示した時点と判断できます。景気循環においては、在庫が増加傾向にあるときが好景気の頂点となるからです。逆に損切りすべきタイミングは、政府が「現在のワクチン接種では、新型コロナウイルスの感染流行が収束しない」と公表するときです。こうなると企業活動は収縮しますので、人材採用活動は停止してしまいます。

MS-Japan投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

考慮すべきリスクは、新型コロナウイルスの感染流行が収束しないことです。コロナ感染が収束すれば企業のビジネス活動が再び活発化しますし、コロナ感染が収束しなければ企業のビジネス活動は停滞したままで、人材採用活動も停滞してしまいます。モニタリング項目としては、内閣府が公表している月例経済報告や、日本銀行が公表している日銀短観が挙げられます。国内景気の動向を知ることができるため、企業の管理部門の採用動向について予測をたてることが可能です。

まとめ

個人投資家による有望期待株:MS-Japanについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

MS-Japanの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有

© 2022 個人投資家の売買戦略