短期トレード

株価急上昇!?最強のトヨタ自動車買いおすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:トヨタ自動車について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:トヨタ自動車について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:トヨタ自動車に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:トヨタ自動車に対する投資戦略/売買タイミング

トヨタ自動車が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、トヨタ自動車を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

投資スタイルはデイでもスイングでも長期投資でも儲かるものは何でもやるスタイルの運用資産は2000万円程度の投資歴は6年程度の20代の男性会社員です。

宜しくお願い致します。

トヨタ自動車に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、トヨタ自動車に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この企業への投資はファンダメンタルズ分析から見て割安だから投資するというわけではありません。もちろん、私はこの企業のPERやPBRが高すぎるなどと言うつもりもありません。この企業のそれらの指標は割安とは言うことはできませんが、決して割高といえる水準ではないからです。しかし、過去の指標と比べるとやはり割高という風に判断されても仕方のない水準まで株価は上昇していると思います。しかし、どうして私がこのような一見「上がりすぎ」のような株価がこれからまだ上がるのかと思うのには根拠があります。それはこの企業の株価が年初来高値を更新していて、株価10000円という大きな節目を抜きそうだからです。株価というのは不思議なものでこのような大きな節目があるとそこを意識して株価が動きます。もちろん、その株価水準まで上がることなく直前で失速してしまう企業もあれば、そこを突破してもそれからその節目を抜けてもまた大きく下げてしまう企業もあります、しかし、この企業の場合はこの10000円という節目を抜けた後は一度株価が下がったとしても、結局その水準を維持できるのではないかと私は考えます。なぜならば、この企業は株式分割という材料があり、かつ市場の行き場の失った多額のマネーがこの企業に来ているからです。   

トヨタ自動車に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

投資タイミングとしましては株価が10000円をつけてそれを維持しているのならばそこから数%抜くというスタイルがいいと考えます。もしくは、株価10000円を付けた後9600円あたりまで一度押しそこで株価の反発が確認されたときに入り、10000円に株価が近づいたときに利益確定を行うというやり方が理にかなったやり方だと私は考えます。 しかし、多くの人はそのような少々はらはらするような取引ではなくもっと安全は投資をしたいと考えるかもしれません。しかし、この企業の投資は株価が上がっているから購入するというスタイルなので、株価がもし終値で5日移動平均線を割ったときはいくらで株式を購入したとしても撤退してください。

トヨタ自動車投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

この企業への投資は5日移動平均よりも株価が高いときに株式を購入して、損切りラインは終値で5日移動平均線を下回ったら撤退という普通の投資方法なので、特に難しことはありません。ですから、初めからストップロス注文だけ入れて、株価が上がっている間はそのまま株を握り続けるという投資方法がいいと私は考えます。ただ、そのようなことはしないで安全にやりたい人は自分が株式を購入した金額から3%程度株価が値上がりしたら利益確定しても構わないと思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:トヨタ自動車について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

トヨタ自動車の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-短期トレード

© 2022 個人投資家の売買戦略