バリュー株 中長期保有

爆益期待!?有望株:すかいらーくホールディングスは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:すかいらーくホールディングスについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:すかいらーくホールディングスについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:すかいらーくホールディングスに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:すかいらーくホールディングスに対する投資戦略/売買タイミング

すかいらーくホールディングスが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、すかいらーくホールディングスを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は40代の男性会社員です。株式投資歴はすでに20年であり、投資スタイルは中長期保有を貫いてきました。その結果、現在の運用資産は1500万円となっています。

宜しくお願い致します。

すかいらーくホールディングスに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、すかいらーくホールディングスに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この銘柄に投資できると考える根拠としては、ひとつはファンダメンタルズ分析の視点が挙げられます。具体的には、新型コロナウイルスの感染流行について、年内に収束する見通しがついてきたことです。この銘柄は、新型コロナウイルスの感染流行によって経営面で大打撃を被ってきました。2019年12月期決算では売上高が約3750億円で、営業利益が200億円でしたが、新型コロナウイルスの感染流行の影響を被った2020年12月期決算は売上高が約2900億円にまで減少し、230億円の営業赤字を計上せざるをえませんでした。しかし、国民に対するワクチン接種が順調に進んでいることから、早ければ年内に新型コロナウイルスの感染流行が収束する可能性が高まっています。このため、2022年12月期決算においては、業績がV字回復する可能性が高まっています。そのため、この銘柄へは投資すべきと考えます。一方、テクニカル分析の視点でも投資すべきタイミングが到来していると考えます。週足チャートをみると、新型コロナウイルスの感染流行が始まってから株価が一気に急落し、約1年間、株価は1500円近辺を推移してきました。直近の数週間は再び下落トレンドを示していますが、すでに5月下旬にRSIが30ポイントをつけています。これは底値をつけたことを示しています。テクニカル分析の視点でも投資可能と判断できます。

すかいらーくホールディングスに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

投資スタンスとしては、保有想定期間を2年と考えるべきです。理由は、新型コロナウイルスの感染流行が収束したあとは、再度、消費税の増税が実施される可能性があるためです。すでに一部の有力な経済評論家や、財務省の幹部が消費増税について発言を始めています。仮に消費税の増税が再び実施されれば、個人消費は落ち込み、この銘柄の業績も再び落ち込みます。増税が具体化するまでの期間が2年間です。なお、想定利益率は50%と考えます。コロナ後の業績V字回復によって1株あたり当期純利益が100円に達すると想定し、PER23倍程度まで株価が上昇すると考えます。この銘柄を購入するタイミングは、現在だと考えます。チャート形状はけっして良くありませんが、週足チャートのRSIは30ポイントをつけ、底値サインが点灯しています。そして利益確定すべきタイミングは、景気回復後に実際に消費税の増税が決定し、駆け込み消費が本格化する時期です。この時期が、株価の頂点となると予想できます。逆に損切りすべきタイミングは、新型コロナウイルスの感染流行が長引き、複数の店舗閉鎖などを実施せざるをえなくなる時期です。特別損失計上の可能性もあるため損切りすべきです。

すかいらーくホールディングス投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

考慮すべきリスクは、新型コロナウイルスの感染流行が収束しないことです。感染流行が継続すると店舗を維持することさえ困難となり、業績のV字回復達成が困難となってしまいます。なお、モニタリング項目としては、この会社が毎月公表している月次レポートです。このレポートには、各ブランドの店舗数の推移や、既存店や全店の売上高の前年同期比の数値が記載されています。このレポートをみることで、中間期や本決算の業績を予想することが可能です。」

まとめ

個人投資家による有望期待株:すかいらーくホールディングスについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

すかいらーくホールディングスの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有

© 2022 個人投資家の売買戦略