11月26日(火)夜11時~フジテレビ『セブンルール』では寺根亜弥さんが紹介されます!

今回放送の『セブンルール』の予告Twitterです。
救急搬送された方の様態をチェックする、寺根さんの様子が映っています。

医療の中でも特に過酷な現場と言われている、救命救急センターで医師として働いている寺根さん。
経歴やプロフィール、そしてなぜ救急医になったのかその理由を調べたいと思います!



寺根亜弥さんの経歴とプロフィール

寺根亜弥さんの経歴とプロフィールまとめました。
寺根亜弥

寺根亜弥(てらねあや)
出身地:石川県金沢市
年齢:30歳
職業:救急医
最終学歴:富山大学
趣味:ドライブと岩盤浴

・2013年 富山大学医学部卒業

・2015年 湘南鎌倉総合病院 初期臨床研修修了

・2019年 湘南鎌倉総合病院 救急科後期研修修了
湘南鎌倉総合病院の研修プログラムでは、3年間の専攻医プログラムで救急科専門医受験資格を得て、更に1年間チーフレジデントとして研修する計4年間で構成されています。

湘南鎌倉総合病院シフト責任者スーパーバイザーを務め若手を育てています。

現場を仕切り、同僚からは「病院で一番厳しい」と言われているそうです。
〈参照:エンタメRBB

 

・2019年9月 出産(結婚されたのはいつか情報がありませんでした。)

湘南ERのインスタグラムには寺根さんと赤ちゃんの微笑ましい写真がアップされています。

この投稿をInstagramで見る

 

湘南ER(@shonan_er)がシェアした投稿

現在は産休中の寺根さん。実は『セブンルール』の取材が行われた時は妊娠9ヶ月目だったとのこと。
出産ギリギリまで常に緊張した現場で働いていたのだから本当に凄いです!!

寺根さんの家庭と仕事の両立のコツは、
・なるべく、家には仕事を持って帰らないように気をつけている。

・料理や掃除、洗濯など、なんでも毎日完璧に!と思いすぎないこと。

だそうです!
〈引用:湘南鎌倉総合病院ホームページ


寺根亜弥さんが救急医になったきっかけは?

近所の『赤ひげ先生』のような医師と出会い、多くの人を助けたいと医師の道を志しました。

また、医師の中でも、ハードな救急医になった理由を湘南鎌倉総合病院の湘南ERのホームページで話されていました。

いかなる状況や現場であっても自分の知識や手技、身体診察を活かして目の前の患者さんを救えるようになりたかったんです。
〈引用:湘南鎌倉総合病院ホームページ

湘南ERは、専門医がいないことを理由に他の病院では断られてしまう患者も受け入れるため、地元だけでなく近隣の自治体から搬送される患者が数多く、地域の救急医療の最後の砦といわれています!

そんな予測不能な忙しい現場ですが、寺根さんはしっかりご飯を食べて、イライラしたり、細かいミスをしないよう、メンタル面をしっかりコントロールしているそうです。


寺根亜弥の経歴やプロフィール!まとめ

寺根亜弥さんについてのまとめです!

・子供の頃に『赤ひげ先生』のような医師と出会い、医師を志すようになり、いかなる状況、現場であっても目の前の患者さんを救いたいということから、救急医になりました。

・富山大学医学部卒業後、湘南鎌倉総合病院で3年間専攻医プログラムを3年、更に1年間チーフレジデントの研修を受けました。

・現在は湘南鎌倉総合病院シフト責任者のスーパーバイザーを務め若手を育てています。

・妊娠9ヶ月まで現場に立ち、9月に出産しました。

30歳で若手を育てるスーパーバイザーを努め、出産ギリギリまで現場に立つ寺根亜弥さん。カッコイイですね!