【セブンルール】森島土紀子の経歴やプロフィールまとめ!生姜料理専門店『しょうが』の場所はどこにある?

11月5日(火)夜11時~フジテレビ『セブンルール』では森島土紀子さんが紹介されます!

セブンルールの予告Twitterです。生姜料理専門店のオーナーである森島土紀子さんの生姜料理とインタビューの様子が少し紹介されています。

60年間生姜を愛し続けてその思いが実り26年前に生姜料理店をオープンしました。連日大繁盛だそうです!
そんな森島土紀子さんの経歴やプロフィールをまとめてみました!また、気になる生姜料理店も調べてみました!



森島土紀子さんの経歴やプロフィール

森島土紀子さんのプロフィールです!

森島土紀子(もりしまときこ)
愛称:生姜の女王
出身地:福岡県北九州市
生年月日:1953年2月12日(66歳)
大学:女子美術大(産業デザイン科工芸専攻)

 

小さい頃から生姜が好きでお寿司屋さんでもガリを好んで食べていたそうです。

東京の女子美術大学に進学。そこで出会った男性と結婚

2人のお子さんに恵まれ、専業主婦をしつつ、美術大学での経験を活かし、子供に絵を教えたり、造形教室を開く。

・1992年 子育ても一段落したのをきっかけに、数年前に出会ったフラワーアレンジメント講師の友人と、新百合の商店街で『仕事着屋しょうが』をオープン。小物や仕事着などを作って販売していたが、作成が忙しく縫う時間も確保出来なくなっていき、家族から心配される。

・1994年 『仕事着屋しょうが』のお店を半分改装し、『生姜料理しょうが』をオープン。生姜専門の飲食店という珍しさから、マスコミや雑誌に取り上げられ、大人気店となる。

・1996年 共同経営していた友人が引退森島さん一人で残りの借金を返していくことに。

・2000年 2店舗目『がらがら』オープン。

・2007年 3店舗目女性をターゲットにした、お酒も飲めるお店『祝茶房紅拍手』をオープン。

・2009年 各店舗に店長をつけ、借金も完返

・2011年 高知県で『林のモリヤ』をプロデュース

・2017年10月 『祝茶房紅拍手』閉店

〈参考:すくらむ21

今年から料理教室も始めています!

趣味は陶芸のようです。森島さんのTwitterには休みの日はご自宅にある陶芸部屋に籠もると書かれています。

また、お店で使っているお皿のほとんどは森島さんが作っているのだとか!




生姜料理専門店『しょうが』の場所はどこ?

森島土紀子さんが専業主婦から起業し、オープンしたお店、生姜料理『しょうが』と『がらがら』の詳細です。
・生姜料理『しょうが』
住所:神奈川県川崎市麻生区上麻生1-6-3

電話番号:044-951-9797
営業時間:〈火~土〉11時30分~14時30分/18時~23時 〈日〉18時~23時
定休日:月曜

人気メニューは『とんきこ』というトロトロに煮込んだ煮豚です!

料理全ての生姜を使っているのでとても健康と美容にいいと、女性客が多く訪れます!

・生姜料理『がらがら』
住所:神奈川県川崎市麻生区上麻生1-6-3(生姜料理しょうがの隣にあります)

電話番号:044-952-0553
営業時間:〈火~金〉11時30分~14時/18時~23時〈土〉11時30分~14時30分/18時~23時
定休日:日曜、月曜

日替わりランチは3種類あり、メインと10種類の惣菜からそれぞれ決められた数を選べるようです。




森島土紀子さん出版の本を紹介!

森島さんは500を超える生姜レシピを創作し、9冊レシピ本を出版しています。

森島土紀子さんの出版本

・『生姜三昧』(ブティック社)
・『おいしく健康!しょうがレシピ』(ブティック社)
・『冷え取り「生姜」健康術』(洋泉社)
・『たっぷりしょうがレシピ』(亜紀書房)
・『おろして叩いてかんたんレシピ108』(世界文化社)
・『冷えとり生姜簡単レシピ』(世界文化社)
・『生姜で元気!夏レシピ』(世界文化社)
・『しょうが女神の簡単おつまみ127』(小学館)

楽天でも購入出来ます!

・『冷えとり生姜簡単レシピ』/1,540円(税込)

・『おいしく健康!しょうがレシピ』/523円(税込)

・『たっぷりしょうがレシピ』/1,430円(税込)

・『しょうが女神の簡単おつまみ127』/1,100円(税込)

・『おろして叩いてかんたんレシピ108』/1,386円(税込)

・『生姜三昧』/1,037円(税込)



森島土紀子さんの経歴やプロフィール!まとめ

福岡県北九州市生まれ森島土紀子さんは小さい頃から生姜が大好きでした。

東京の女子美術大学で知り合った方と結婚2児の母として専業主婦をしていましたが、育児が一段落したのをきっかけに、生姜料理専門のお店『しょうが』をオープン。生姜メインのお店ともあって珍しいとマスコミに取り上げられ、人気店に。

現在3店舗を経営し、生姜のレシピ本も出版。今年からは料理教室も開いたりと活動的です!

66歳には見えないほど若々しく紛れもなく生姜パワーだと思いました!