中長期保有 高配当株

爆益期待!?有望株:丸文は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:丸文について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:丸文について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:丸文に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:丸文に対する投資戦略/売買タイミング

丸文が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、丸文を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は40代の男性会社員です。株式投資歴はすでに20年であり、投資スタイルは中長期保有を貫いてきました。その結果、現在の運用資産は1500万円となっています。

宜しくお願い致します。

丸文に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、丸文に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この銘柄に投資できると考える根拠としては、ひとつはファンダメンタルズ分析の視点が挙げられます。この銘柄は、半導体やシステム機器に関する商社ビジネスを展開しています。そして、業績が2021年3月期決算で底を打ち、2022年3月期決算ではV字回復を達成できると会社側は公表しています。具体的には、2021年3月期決算では経常利益はわずか約3000万円でしたが、2022年3月期決算では経常利益は30億円にまで回復する見通しとなっています。経常利益が30億円という水準は、2019年3月期決算と同水準です。業績回復の可能性が高いと判断できます。また、業績回復に伴い1株あたり配当金を30円に増配する計画もたてており、現在の株価の予想配当利回りは約4.7%となっています。一方、テクニカル分析の視点でも投資可能と判断できます。週足チャートをみると、2018年7月から下落トレンドが長く続いていましたが、2021年3月になってついに中期移動平均線が長期移動平均線をゴールデンクロスし、ローソク足が移動平均線の上にでました。しかも5月下旬以降はローソク足が長い陽線を見せているため、まさに株価の上昇トレンド入りが確実と判断できます。

丸文に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

投資スタンスとしては、保有想定期間を2年と考えるべきです。理由は、半導体需要は今後2年程度は増加基調を続けると想定できるためです。そして想定利益率は、100%と考えます。現在の株価が約630円であり、2018年初頭につけた高値が約1300円です。今後2年間、増益基調を続ければ株価の倍増は確実といえます。この銘柄を購入すべきタイミングは、現在と考えます。理由は、週足チャートの移動平均線がゴールデンクロスを示したばかりであり、直近の2週間程度でローソク足が長い陽線を示しているためです。上昇基調が始まったと判断すべきであり、買うべきです。そして利益確定すべきタイミングは、週足チャートの株価高値圏でローソク足が長い陰線を示したときです。高値圏で、買い注文より売り注文のほうが圧倒的であるということは、株価が下落することを意味します。逆に損切りすべきタイミングは、ローソク足が移動平均線よりも下側に位置してしまったときです。このチャート形状では、株価は低迷が続きます。

丸文投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

考慮すべきリスクは、この銘柄が販売する製品の最終形である自動車などの製品において、販売用在庫が積みあがることです。在庫が積みあがるということは、この銘柄への注文量が減少することを意味するため注意が必要です。また、モニタリング項目としては、半導体製造装置協会が四半期ごとに公表している世界半導体製造装置統計などが挙げられます。世界中の半導体に関する需要動向を把握できるため、この銘柄の業績予想をたてやすいです。

まとめ

個人投資家による有望期待株:丸文について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

丸文の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略