中長期保有 低位株 高配当株

爆益期待!?有望株:三菱ケミカルホールディングスは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:三菱ケミカルホールディングスについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:三菱ケミカルホールディングスについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:三菱ケミカルホールディングスに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:三菱ケミカルホールディングスに対する投資戦略/売買タイミング

三菱ケミカルホールディングスが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、三菱ケミカルホールディングスを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は小学校で教員をしている40代の女性で、株式投資をはじめてから20年になります。ボーナスを使って株式を定期的に買い増しており、すでに資産総額は3000万円になっています。値上がりすると売りたくなる誘惑にも駆られますが、ずっと持ち続けて配当収入や株主優待を受ける手法を継続しています。

宜しくお願い致します。

三菱ケミカルホールディングスに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、三菱ケミカルホールディングスに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この会社は三菱グループである点が最大の魅力ですが、傘下に技術力を持つ様々な企業がある点にも投資するメリットを感じています。その主力となるのは機能部材や機能化学のセクターであり、とりわけ自動車向けのプラスティックで強みを持っています。コロナショックで一時的に需要が減少しても、将来的に世界的な自動車への需要は高まる可能性が高いです。またコンタクトレンズや半導体関連の素材の開発にも意欲的であり、今後も質の高い製品の提供によって高収益が実現できる点にも期待しています。また傘下には田辺三菱製薬もあり、新薬の開発によって企業業績が高まる潜在力も十分にあります。心臓疾患や脳疾患の治療薬の開発も関連企業で進められており、短期的には業績につながらなくても長期的には株価上昇の要因になることが考えられます。2021年上期には赤字を計上しましたが、その後は業績が回復しているので投資のリスクも非常に小さいです。次年度は更に収益アップが期待できるので、株価が900円前後になっている現在でも購入するメリットがあります。配当利回りは3パーセント以下ですが、持ち続けると増配で数年後には利回りを4パーセント以上にすることができます。

三菱ケミカルホールディングスに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

化学関連の企業は全般に不人気であり、その点ではこの銘柄はまだ上昇余地があります。この10年間の最高値は1300円台なので、現在の株価はまだ買える水準にあります。日本の株式もかなり高い水準にありますが、アメリカと比べると全般に出遅れ感があります。そのためにコロナ後の経済の回復を考えると、850円でこの株を買った場合でも十分に値上がり益を得るチャンスがあります。しかし化学関連企業は設備投資に資金が必要であり、そのことが足を引っ張ることも考えられます。決算内容を確認して赤字決算が続くようであれば、600円の水準を割った段階で売るのが望ましいです。しかし産業の基盤を支える素材を製造する企業なので、赤字が続いていても500円割れであれば、再チャレンジして購入する余地は大きいです。

三菱ケミカルホールディングス投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

医薬品の分野は新薬が承認されると利益につながる一方で、開発には膨大な資金が必要になるのも事実です。更に薬害による訴訟リスクもあるので、実用化の過程では慎重なスタンスが求められます。したがってこの銘柄に本気で投資するためには、企業の中期経営計画などもよく読んで、正しい情報を得る必要があります。また合併などの業界再編の動向によっては、この会社の業界内での優位性が失われるリスクもあります。そして経営者が変わった直後であり、今後のビジネスモデルの変化にも気を配ることが重要です。

まとめ

個人投資家による有望期待株:三菱ケミカルホールディングスについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

三菱ケミカルホールディングスの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有, 低位株, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略