バリュー株 中長期保有 低位株 株主優待

爆益期待!?有望株:共栄タンカーは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:共栄タンカーについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:共栄タンカーについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:共栄タンカーに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:共栄タンカーに対する投資戦略/売買タイミング

共栄タンカーが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、共栄タンカーを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は都内のアパレルショップで副店長をしている、30代の女性です。高校時代の友人が証券会社に勤めていて株式投資を勧められてから、すでに5年以上にわたって様々な銘柄を購入しています。現在の投資金額は300万円であり、株主優待がある銘柄の長期保有を基本としています。

宜しくお願い致します。

共栄タンカーに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、共栄タンカーに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この会社の事業内容は企業の名称からもわかるように、タンカーの運航が主体になっています。日本と中東の間でタンカーを運航しており、石油の海外依存度の高いこの国の経済を支えている重要な企業だと言えます。売上高は100億円を少し超える程度の事業規模ですが、創業したのが1937年で非常に歴史が長いのが魅力的です。したがって浮き沈みが激しい海運業界の中では、長期にわたって生き残りに成功した優良企業だと考えます。最近の利益は減少傾向にありますが、コロナが終息した後はタンカーへの需要が高まることが十分に想定できます。したがって長期投資を視野に入れている人にとっては、現在がこの銘柄への投資の絶好のタイミングと考えます。また原油のタンカーを主体としながらも、LPG用の船やばら積み船も保有しています。したがって運賃変動のリスクも小さいので、安心して数年間保有し続けることが可能です。更に最近になってプリペイドカードがもらえる株主優待も導入されたので、配当額があまり多くなくても実質的な利回りは3パーセントを超えています。またPBRは0.5倍程度で保有資産の多くが価値のある船舶であり、投資対象としての魅力が非常にあります。

共栄タンカーに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

今年の3月には1100円台の株価をつけていますが、現在は800円台で比較的割安な水準です。株主優待をもらいながら3年以内に利益を確定したいときには、800円台で購入して1000円を超えた直後に売るのが理想的です。しかし10年以上の超長期の保有を希望する人であれば、じっくりと待つことで2000円台を超えた段階で売ることもできます。一方で時価総額が100億円未満のメリットを生かして、短期売買で値ざやを稼ぐ方法も十分に応用できます。タンカーやばら積み船の運賃相場をこまめにチェックするのが、この銘柄に投資する場合のポイントになります。また予想通りに業績が回復しないときには、減配で株価が急落する可能性もあります。赤字決算が確定した場合には、持ち株を一旦売却して次の投資のチャンスを待つべきです。

共栄タンカー投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

タンカーを運航している中東地域では、政情不安で戦争になることがあります。したがって国際情勢によっては、長期にわたって企業収益が減少するリスクも考えられます。タンカーの運賃に加えて国際関係についてのニュースもチェックすると、投資のリスクが大きくなる前に撤退することが可能になります。また人件費の安い国の海運会社のほうが運賃が安く、安全運航でサービスの質を維持できない場合には収益が低下するようになります。

まとめ

個人投資家による有望期待株:共栄タンカーについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

共栄タンカーの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有, 低位株, 株主優待

© 2022 個人投資家の売買戦略