バリュー株 中長期保有 高配当株

爆益期待!?有望株:日本郵船は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:日本郵船について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:日本郵船について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:日本郵船に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:日本郵船に対する投資戦略/売買タイミング

日本郵船が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、日本郵船を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は私立大学で事務職をしている30代男性であり、株式への投資の経験は10年です。運用資産は1000万円で業界内のトップ企業への投資がメインであり、5年程度保有して配当益と値上がり益の両方を手に入れる手法を取っています。

宜しくお願い致します。

日本郵船に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、日本郵船に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この銘柄をお勧めする理由としては、日本の海運業界のトップ企業で三菱グループに属している点が挙げられます。企業名から海運業がメインであることは容易に想像できますが、グループ企業を通じて航空貨物の分野にも参入しています。したがって荷主の多様なニーズに対応することが可能であり、貨物のカテゴリーに合わせて最適な輸送方法を提案できる点にも強みがあります。コロナの影響で売り上げが多少落ちていますが、一方で海運市況が堅調なために利益は増えています。そのために最近の株価は急激に上昇しているものの、3パーセント代後半の配当利回りや6倍台のPERからは、まだ買える水準だと言えます。また中期経営計画で明確なビジョンを打ち出しており、予定通りに改革が進むと更に企業の体力が強化されるはずです。特に今後は最新鋭の大型船の導入によって、更にコスト削減と安全運航が実現できると考えます。また解決能力のある人材育成にも力を入れており、長期的にはこの会社の発展と成長でも大きな役割を果たすはずです。そして環境に優しいビジネスモデルの構築にも意欲的であり、今後は燃料でアンモニアを活用したり風力発電の分野に参入するなどの計画もあります。したがって環境を重視しながら高収益を目指す企業として、中長期の投資にも非常に適しています。

日本郵船に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

常に出来高が多い銘柄で流動性が極めて高いので、デイトレードにも非常に適しています。しかし配当利回りが極めて高いので、日中は仕事をしている人の場合には長期保有をすることも十分に可能です。最近の株価は5000円を超えており、チャート面からはこの10年間で最も高い水準です。そのために見た目は割高な印象も受けますが、PERやROEなどの指標面からは依然として買いやすい水準です。しかし一本調子で上がり続けてきたので、そろそろ株価の調整が行われる可能性もあります。したがって短期で利食い売りをしたいときには、4500円を割り込む水準まで買うのを待つのが望ましいです。また企業業績は船の運賃の相場に依存する傾向が強いので、投資する場合には企業のサイトで公開されている指標も参考にするべきです。そして短期投資を考えている場合には、3500円割れで見切りをつけて撤退するのがポイントです。

日本郵船投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

海外の海運業者との競争や燃料価格の高騰など、この会社の業績を悪化させる要因は非常に多いです。したがってこの銘柄に投資をするためには、運賃や商品市況に加えて国際経済に関する一定の知識が求められます。また大型船を何隻も導入するためには、銀行からの融資も活用する必要があります。したがって負債のデータも分析したうえで、経営状況を把握することも重要です。また運河内での座礁や原油流出などの事故では、保険だけではすべてをカバーできないリスクも想定するべきです。

まとめ

個人投資家による有望期待株:日本郵船について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

日本郵船の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-バリュー株, 中長期保有, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略