中長期保有 高配当株

爆益期待!?有望株:武田薬品工業は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:武田薬品工業について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:武田薬品工業について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:武田薬品工業に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:武田薬品工業に対する投資戦略/売買タイミング

武田薬品工業が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、武田薬品工業を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

30代男性会社員 事務職 投資経験は10年程度 運用資産500万円程度 投資スタイルは中長期運用が主です

宜しくお願い致します。

武田薬品工業に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、武田薬品工業に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

武田薬品工業は日本が世界に誇る製薬会社であり、事業規模も巨大な会社であることから日経平均にも大きな影響を及ぼす会社です。新薬の開発などによる成長性も高い会社なのでこれからまだまだ伸びていく可能性がある会社と言えるでしょう。会社としての成長性もありながら高い配当利回りは経済雑誌などでも取り上げられており、長期投資を主なスタイルとしている個人投資家の中でも人気が高い銘柄だと思います。武田薬品工業をポートフォリオのひとつに加えることで安定性は増すと思いますし、配当金を受け取りながら会社の成長を見守るということもできます。この会社が危機的状況に陥ることにでもなれば日本経済への影響も非常に大きなものとなることは容易に考えられるので何かあれば政府の介入も考えられますし、そのような状況になる前に事業規模は世界規模の会社なのでなにか手を打ってくると思います。株価は多少の波はあると思いますが、積み立て投資をして少しずつ株式を取得していけば安定して利益をだせる銘柄だと思います。株価が高いので個人投資家にはなかなか手が出にくい銘柄かもしれませんが配当+成長性と文句のない企業なのでポートフォリオのひとつに加えることをオススメします。

武田薬品工業に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

この銘柄の売買戦略としては比較的安定した銘柄であり、基本的には長期投資で配当利回りを受け取る戦略で動いたほうが長期的に+になると思います。株価の変動はありますが、事業規模が巨大な企業であり、日本が誇る大企業であることから倒産のリスクは限りなく低いと思いますし、危機的な状況になれば政府の介入も考えられるのではないでしょうか。少しずつ積み立て投資をしていって配当利回りを確実に受け取るといった方法がベストなのではないかと思います。また、企業としての成長性も高いので新薬の開発などによって株価が上がる可能性も高いと思うので配当にしても株価にしてもどちらも成長の見込みがある非常に優秀な銘柄であると思います。

武田薬品工業投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

国内株式一銘柄に投資するリスクは国内大企業である武田薬品工業であっても当然あります。しかし世界的にも非常に有名な会社で事業規模も大きいのでこの会社が倒れることになれば日本経済への大きな影響を与えることになることは間違いありません。多少の不祥事であってももちこたえることは間違いありませんし、悪いニュースであればテレビなどのメディアから報道などによって情報は仕入れやすいのでそこまで注意する必要はないと思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:武田薬品工業について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

武田薬品工業の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略