中長期保有 短期トレード

爆益期待!?有望株:和田興産は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:和田興産について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:和田興産について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:和田興産に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:和田興産に対する投資戦略/売買タイミング

和田興産が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、和田興産を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私はアパレル会社でデザイナーをしている30代女性であり、5年間の株式投資経験の間に運用資産も300万円まで増やしています。いろいろな投資体験をしたいと考えており、値上がりした銘柄はすぐに売り、新しい株式と入れ替えています。

宜しくお願い致します。

和田興産に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、和田興産に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この会社の本社は神戸にあり、近畿圏を中心に不動産事業を営んでいる老舗系の企業です。特にマンションの分譲に力を入れており、ワコーレのブランドは質が高いために、ユーザーからも高く評価されている点がお勧めできる理由です。また神戸市内におけるマンション分譲はトップであり、地域を限定したビジネスモデルが非常に成功しています。そして分譲物件の多くが最寄駅から徒歩10分以内の場所にあり、土地の仕入れ力にも優れているのが魅力的です。また一戸建てはデザイン性にも優れており、同業他社との差別化にも成功しています。更に賃貸物件も保有しており、年間を通して安定した家賃収入を得ています。したがって一時的にマンションや戸建ての売り上げが伸び悩んでも、この会社は安定した収益を実現することができます。最近は業績が低迷していますが、住宅需要は堅調なので今後の回復が期待できます。更に株主還元策にも意欲的であり、そのことが株価の押し上げ要因になります。現在のPBRは0.3倍台であり、指標の上では非常に割安です。しかも現在の配当利回りが4.5パーセントを超えており、配当目当ての個人投資家の需要は今後も見込めます。またROEは5パーセント台ですが、今後の業績の回復に伴って数値が改善することも十分に可能です。

和田興産に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

この銘柄の配当利回りは高いので、購入して放置するような形で長期保有したい人にも最適です。また最近の株価は800円を多少下回る水準が多いですが、600円を割ることが極めて少ない安定性の高い銘柄でもあります。そこで長期保有を考えている人も短期売買の戦略を取っている投資家も、値動きを注意深く観察しながら、750円を割ったタイミングで指値注文を入れるのが理想的です。そのまま安心して持ち続けることもできますが、スイングトレードをする場合には800円を超えたときに売るべきです。しかしリーマンショック級の経済危機が起きると、株価が大きく下落することも考えられます。したがって長期保有を前提に投資をする人も、400円を割ったときには撤退を決断するべきです。

和田興産投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

人が暮らす上では住まいは絶対に必要ですが、その需要の強弱は経済状況によって大きく変わります。特に何らかの理由でローン金利が上昇する場合には、この会社の業績にも悪影響を与える可能性が高いです。また不動産開発では数年後を見据えて計画を考える必要があり、購入する人の需要にマッチした物件を開発できない場合もあります。更に土地価格が上昇するとマンション用地の仕入れが難しくなり、予定通りに新築物件を分譲できなくなるリスクも高まります。

まとめ

個人投資家による有望期待株:和田興産について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

和田興産の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有, 短期トレード

© 2021 個人投資家の売買戦略