グロース株 中長期保有

爆益期待!?有望株:ソニーは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:ソニーについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:ソニーについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:ソニーに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:ソニーに対する投資戦略/売買タイミング

ソニーが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、ソニーを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

40代男性、不動産賃貸業、株式投資家です。投資経験は株式投資歴約20年。運用資産は約3500万円で投資スタイルは、優良企業、中長期保有、配当狙い、バリュー・グロースなど幅広く見ておりバランス型です。

宜しくお願い致します。

ソニーに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、ソニーに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

国内に限らず、全世界的に知られたソニーブランドは現在「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」 というパーパスを掲げ、吉田憲一郎CEOを中心に情熱を持ってこれからのソニーを更に強く素晴らしい企業に向かって歩んでいます。 ゲーム、音楽、映画、コンテンツIP、CMOSイメージセンサー、金融など多彩な事業を中心に安定的なキャッシュフローを創出し、それをまた更に次へとつながる投資に向けています。

時価総額は2012年の約1兆円から約14兆円とわずか9年で14倍になりました。 世界でソニーとつながる人を現在の1.6億人から10億円へ広げる取り組みに注力し、さらなる飛躍へ期待ができます。 足元のファンダメンタルズとしては、PER20倍、PBR約2.4倍と決して割安ではありませんが、過去からの成長軌道、今後の投資や、ブランド力、経営陣のパッションなどを総合すると十分投資に値するとみています。

ROEは2018年度から18.0%、27.3%、14.8%、24.2%と非常に高水準で推移しており、株主資本効率は大変良好です。 テクニカル的には今年2月に付けた12545円から5月13日の9989円まで約20%調整が入り、75日移動平均線への戻りを試していますが、あくまでも企業の成長を長期目線で考えることが大切だと考えます。

ソニーに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

長期目線で積み立て投資をおすすめします。 短期的な株価に惑わされず、長期間に渡り企業価値の向上を見守ります。 リスクに関しては、ブランド力の低下、為替リスク、技術の流出などは一応注視しておきましょう。 購入のタイミングは、一定の期日に少しずつ買っていくのが理想ですが、1単元の投資価格が高い為、無理はせずに投資額の上限10%を目安に買っておくことをおすすめします。

長期目線の為利益確定は基本しませんが、PBR4倍以上では一度確定もありかと思います。 損切についてはレバレッジを掛けていなければ基本しませんが、業績やブランド力の低下など、事業自体が衰退してしまうようなことがある場合には売却することも有りかと思います。

ソニー投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

例えば株価10000円なら100株で100万円必要ですので投資資金が1000万円以下の方(投資資金の10%に収まらない方)や、株価の下落が気になる方は無理に投資する必要はないかもしれません。 他には、事業リスクがあります。

製品の陳腐化や、コモディティ化、価格競争、ブランド棄損、為替、紛争や戦争、災害による工場被災などは注視しておきましょう。 アニメや映画は、定期的に必ずヒットが生まれ、非常に高い利益を生みます。それらを更にゲームやモバイルコミュニティに繋げる事もできる当社は今後もポテンシャルのある企業だと思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:ソニーについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

ソニーの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-グロース株, 中長期保有

© 2021 個人投資家の売買戦略