中長期保有

爆益期待!?有望株:ゼンショーホールディングスは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:ゼンショーホールディングスについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:ゼンショーホールディングスについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:ゼンショーホールディングスに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:ゼンショーホールディングスに対する投資戦略/売買タイミング

ゼンショーホールディングスが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、ゼンショーホールディングスを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

30代男性会社員事務職、投資経験は株式投資を10年程度、運用資産は500万円程度運用、投資スタイルは基本的に中長期保有。

宜しくお願い致します。

ゼンショーホールディングスに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、ゼンショーホールディングスに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

私のゼンショーホールディングスへの投資をお勧めする根拠としては、牛丼チェーン店として松屋や吉野家と比較してコロナウイルスによるダメージからの立ち直りが一番早く業績についても低下をしていますが先に挙げた2社と比較すると一番ダメージが少ないからです。コロナウイルスはこれから収束に向かっていくとは考えられるのですがやはりまだ時間はかかるのではないかと思いますしそうなった際にすき家は基本的に住宅街などに店舗があることが多く持ち帰りの住人が多く来店するのではないかと考えられます。そういった点を加味したことによって松屋と吉野家に対しての業績と言うところで差となって現れたのだと思います。これからまだまだ回復して成長する見込みがあると考えられますしゼンショーホールディングスの株式を保有していると優待券としてすき家の食事が無料でできるチケットがもらえるのでそういった点も長期投資をスタンスとしている方にとっては嬉しいポイントなのではないでしょうか。長期的に保有することを見込んで今のうちから株式を取得しておくのもアリだと思います。いつも食事はすき家でご飯を食べることが多いという方は十分検討してみても良いのではないでしょうか。

ゼンショーホールディングスに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

売買戦略については長期投資を前提としているので株式の購入については一度に大量に買ってしまうのではなく少しずつ積み立て投資していくのがベストな方法だと考えています。少しずつ購入していくことによってもしかしたら購入している間に不祥事や事件などが起きて企業の信頼を損ねてしまう可能性もありますのでそういった場合は購入を中断するという緊急対応も出来ますし株式の購入価格のバランス化を図れるのでリスクマネジメントという点については一番優れた購入方法だと思います。また最終的には個人のお客さんを相手とする商売なので、お客様の信頼を裏切った場合はダイレクトで業績に跳ね返ってくる仕事なのでそういった点は注意が必要だと思います。

ゼンショーホールディングス投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

「飲食店を経営している以上昨今話題となっているアルバイト店員の悪ふざけどのに居るお店へのダメージといったリスクが考えられます。代表的な事例ではありますが個人のお客さんを相手にしている以上、企業としての信頼は非常に大切なものであるのでそこを損ねてしまうような事件や不祥事があった際は株価にすぐに反応してしまうので注意が必要でしょう。そういった場合は損切りすると言った対応も含めてよく考えて投資しないといけないと思います。

まとめ

個人投資家による有望期待株:ゼンショーホールディングスについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

ゼンショーホールディングスの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有

© 2021 個人投資家の売買戦略