中長期保有 高配当株

爆益期待!?有望株:昭和システムエンジニアリングは買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:昭和システムエンジニアリングについて、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:昭和システムエンジニアリングについて以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:昭和システムエンジニアリングに投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:昭和システムエンジニアリングに対する投資戦略/売買タイミング

昭和システムエンジニアリングが抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、昭和システムエンジニアリングを有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は家電量販店で白物家電を販売している20代男性で、株式投資を開始して3年程度が経過しています。最初は1銘柄の保有からスタートしましたが、ボーナスを活用して投資金額は200万円にまで増やしています。値動きの軽い小型株への投資がメインであり、チャートを分析してその時々の判断で利食い売りをしています。

宜しくお願い致します。

昭和システムエンジニアリングに投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、昭和システムエンジニアリングに投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

この会社はデータ入力業務からスタートしていますが、現在ではシステム開発が主力になっています。そのために情報通信系企業としての魅力もあり、今後の成長も期待できる点でも非常にお勧めできます。また金融関係のソリューション開発がメインであり、取引先に大手の銀行や証券会社が多い点も特徴的です。したがって取引先との関係が良好である限り、安定した収入が得られるメリットもあります。特に地銀の業界再編やネット部門の拡充なども進んでおり、今後も各種システム開発の受注が見込めます。したがって金融業界の将来を見据えた場合にも、この銘柄は魅力的な投資対象だと言えます。更に生命保険や損害保険の分野では、開発に加えて各種保守業務の実績も豊富です。また金融関連の開発のノウハウは、運輸や物流関係の企業へのサポートでも生かされています。更にシステムエンジニアの社員に占める割合も高く、人材の質の高さにも魅力を感じています。そしてPBRが1倍以内でPERも10倍未満なので、指標データの上からも割安です。またデジタルトランスフォーメーション関連の需要は根強く、今後もこの銘柄の株価押し上げ要因になることが考えられます。また自己資本比率も高く、財務面でも非常に良好なので魅力的な投資対象です。

昭和システムエンジニアリングに対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

3パーセント以上の配当利回りは非常に魅力があり、10年以上じっくりと持ち続けたい人にも最適です。しかし時価総額が30億円台の典型的な小型株であり、値動きの軽さを生かして短期売買を繰り返す方法もあります。特に最近の数年間は一定の株価レンジ内を上下しており、その変動を生かして小刻みに売買を繰り返すことも十分に可能です。長期保有で高配当のメリット生かしたいときには、慌てて飛びつかずに700円を割るまで待つのが理想的です。一方で短期売買にこだわる場合には、720円で買って750円で売り逃げるのがポイントです。週足ローソクで2年間のチャートを見ると、最近の値動きのパターンを把握できるようになります。しかし大口取引先との契約が解除になると株価が下がるので、主要顧客の動きにも注目して、650円割れの局面では処分売りをする必要があります。

昭和システムエンジニアリング投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

事業規模が小さいこと自体がリスク要因であり、時価総額が少ないために上場廃止になるリスクも多少存在します。また銀行や鉄道会社がシステムを自社で開発するようになると、この会社の受注金額が激減することも考えられます。そして国のIT政策の変化が、この企業の業績に大きな影響を与える場合もあります。そのためにこの銘柄への投資を考えるときには、小型株特有の問題と情報通信への設備投資の動向にも注意することが重要です。

まとめ

個人投資家による有望期待株:昭和システムエンジニアリングについて、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

昭和システムエンジニアリングの投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有, 高配当株

© 2022 個人投資家の売買戦略