中長期保有

爆益期待!?有望株:オイシックスラ大地は買い!おすすめ理由【個人投資家の戦略】

本記事では当サイト管理人のべらぼうが、とある個人投資家が考える有望期待株:オイシックスラ大地について、投資の根拠や投資戦略をインタビューしています。

この記事を読むと、有望期待株:オイシックスラ大地について以下が分かります。

本記事で分かること

インタビューした投資家の投資歴・運用概況

有望期待株:オイシックスラ大地に投資する/おすすめできる根拠

有望期待株:オイシックスラ大地に対する投資戦略/売買タイミング

オイシックスラ大地が抱える投資上のリスクや留意点

べらぼう

私もネットやSNSで株式投資の情報を良く仕入れますが、他の個人投資家が何を考え、どのような投資戦略を練っているか気になりますよね?

また様々な意見・アイディアを聞くことで、投資収益を高めるための新たな発見があったり、投資力アップにも繋がります!

株式投資経験を有する個人投資家に具体的かつ詳細に話を聞いており、必ずやあなたの投資判断の参考になりますので、ぜひご一読ください!

※投資は自己責任でお願いします

個人投資家(インタビュイー)ご紹介

べらぼう

今回のインタビューで、オイシックスラ大地を有望期待株として紹介して下さる個人投資家のプロフィールをご紹介します

個人投資家さん

私は自営業者の30代女性です。株式投資歴は6年ほどで、約200万円の資産で、中長期保有で運用しています。

宜しくお願い致します。

オイシックスラ大地に投資する/おすすめする根拠・理由・分析結果

べらぼう

早速ですが、オイシックスラ大地に投資する又はおすすめできる根拠・理由・分析結果について、お考えを教えてください。

個人投資家さん

オイシックスラ大地は、「オイシックス」という野菜や食品(ミールキットなど)を定期購入サービスを運用している会社です。多くの方が一度は耳にしたことのあるサービスだと思います。新型コロナの影響で国内株式が下がったときも、在宅需要のためにこの株は下がりませんでした。新しい生活様式の中、これからまだ値上がりする可能性のある会社だと思います。株を購入する際には、時代のニーズに合っているかどうかを見極めるようにしていますが、その点でもオイシックスは良い銘柄だと考えています。また、値上がりする可能性があると考える根拠としては、オイシックスラ大地はまだ株主配当を実施していないということも挙げられます。今後、同社が株主配当を実施すると発表すれば、株価は更に上がるはずです。会社の業績も問題なく、だいぶ内部留保が形成されているでしょうから、株主配当の発表もそう遠くないと期待しています。オイシックスラ大地の株式の購入単位は100株で、私は最低単位の100株のみ保有していますが、既に含み益が20万円以上生じています。100株だけでこれほどの含み益が出る銘柄は珍しいので、多くの人におすすめできる成長性のある銘柄だと考えています。

オイシックスラ大地に対する売買戦略・売買タイミングの考え方

個人投資家さん

オイシックスラ大地については、近年あがりつづけているので売りどきが難しい銘柄といえます。会社の成長性を考えれば、中長期保有していればいずれは上がっていくものと思いますが、現在の株価が高めであるため、短期保有であれば損が出る可能性があります。仮に含み損が出た場合には、損が少ないうちに損切するべきだと考えます。今後、大きな投資家向け情報(特に、株主配当開始など)が発表された場合には、現在利益が出ている人は利益確定のタイミングだと言えます。株価は、一度大きく上がったあとに調整のためにしばらく下がるのが一般的なので、一度高値で売却(利益確定)し、調整期間中に再び購入するというのが、失敗の少ない売買戦略だと考えます。

オイシックスラ大地投資する際のリスクや留意事項

個人投資家さん

今後も値上がりすると考えていますが、今は値がだいぶ上がっています。そのため、下がったときに購入することをおすすめします。株式投資では、必ず上がる、あるいは上がり続ける銘柄というのはなく、上がったり下がったりしながら推移します。また、オイシックスラ大地は食品を扱う会社なので、今後食品偽装等のスキャンダルが起きた場合には、大きく値下がりする危険性は潜在的にあります。どんな株であっても、購入したあとに下がるリスクはありますので、株式投資は必ず自己責任で行っていただくことをご注意ください。

まとめ

個人投資家による有望期待株:オイシックスラ大地について、インタビューで伺った投資戦略・売買タイミング・リスクをご紹介しました。

べらぼう

オイシックスラ大地の投資判断についてもですが、自分以外の個人投資家の方の投資スタイルや考え方は、新しい投資アイディアのきっかけになるかも知れません。

本記事がみなさまが投資判断されるにあたってのご参考になれば幸甚です!

※投資は自己責任でお願い致します

-中長期保有

© 2022 個人投資家の売買戦略